ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「ホスピタリティーの第一線で働く人たちを応援したい。」ドクターズコスメブランド「タカミ」が、マスクの肌荒れで悩む人たちのためにタカミスキンピールをホテル、レストランに寄付するプロジェクトを開始。
株式会社タカミ 株式会社オータパブリケイションズ

「ホスピタリティーの第一線で働く人たちを応援したい。」ドクターズコスメブランド「タカミ」が、マスクの肌荒れで悩む人たちのためにタカミスキンピールをホテル、レストランに寄付するプロジェクトを開始。

2020年09月22日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・表参道にある美容皮膚の現場で長年にわたりスキンケアの開発に携わってきたドクターズコスメブランド『タカミ』(本社:株式会社タカミ 東京都中央区、代表取締役:岡村雄嗣、www.takami-labo.com) は、収束が見えない新型コロナウィルスの感染状況の中でホスピタリティーの第一線で働く人たちを応援することを目的に、同社のロングセラーであり、数々のメディアで24ものアワードを受賞している代表製品「タカミスキンピール」をホテル、レストランに寄付するプロジェクトを開始すると公表。また、ホテル、レストラン業界の専門誌『週刊ホテルレストラン』を発行する㈱オータパブリケイションズはその趣旨に賛同し、同プロジェクトに協力をすることを決定いたしました。
 


 

 
「タカミスキンピール」は2005年、美容皮膚科クリニックの現場経験からたどり着いた“正しい肌の代謝”に着目することによって誕生した「角質美容水」。
 

 
2005年の発売後は口コミを中心に販売をしていたが、その質の高さが話題となり、口コミだけでなく複数の化粧品関連メディアでも取り上げられ、また、多くの賞を受賞するなど、時間とともに利用者が急増。2020年現在では累計販売本数610万本、累計購入者数93万人を突破し、着実にファンを増やし続けている。
 
代表製品である「タカミスキンピール」が今年2020年8月で15周年を迎えたタカミは、15年間、スキンピールを中心とした製品の提供を通じて、人々の肌の生まれ変わりや日常が輝いていくことに対し真摯に向き合い、応援してきた。 そして、コロナ禍であるこんな今だからこそ「“新しい日常”を少しでも前向きに踏み出していただきたい」という強い想いを持って事業に取り組んできた企業でもある。
 
今回、タカミがなぜ、その代表製品であるタカミスキンピールをホスピタリティーの現場で働く人たちに寄付しようと考えたのか?

そのきっかけは、「タカミスキンピール」の15周年企画の一環として実行された、同製品のスポイトのリニューアルであった。
人気の拡大と共に、「タカミスキンピール」の類似品が出回ってくる事態が増えてきていた昨今で、「タカミスキンピール」をお守りのように大切に使用してくれている方々に悲しい想いをさせたくない、というタカミとしての考えから、類似品回避のためにスポイト部分を改良した。

そこで、一つの悩みが生まれたのだ。
旧スポイトの製品をどうするのか? 中身やクオリティ自体に全く変化はない。
 
「リニューアルをした後に旧スタイルのものを製品として売ることはできないが、サステナビリティの観点からも、何か世の中の役に立てたい。」
タカミの代表取締役 岡村雄嗣氏はそう考えていた。
 
そんな折に、岡村氏は知人からホスピタリティーの第一線で働くスタッフが、新型コロナウィルス対応のオペレーションとしてマスクを着用する中で、マスクの下の肌荒れに悩んでいるという話を聞いた。さまざまな人を迎えるというリスクの少なくない環境の中で、マスクをしながら一生懸命笑顔でゲストを迎えているホスピタリティのプロ達。そんな人たちに少しでも役立てればと、岡村氏はタカミスキンピールの寄付プロジェクトを構想した。
当初都内の複数のホテルに打診をしたところ、反応は上々。実際に試してみたところ、驚くほど早く効果が出たスタッフもいたという。それに伴い、日本のホスピタリティーの第一線で働く人たちにその想いを届けようということになった。
 

株式会社タカミ 代表取締役 岡村雄嗣氏
株式会社タカミ 代表取締役 岡村雄嗣氏

株式会社タカミ 代表取締役 岡村雄嗣氏のコメント
「悲しみや苦しみの反面、様々な気づきを与えた新型コロナの影響。当たり前だった日々に大きな変化がもたらされ、人々の暮らしや社会は『ニューノーマル』という新しい日常へと生まれ変わろうとしています。タカミは15年間、スキンピールを中心とした製品の提供を通じて、人々の肌の生まれ変わりや日常が輝いていくことに対し真摯に向き合い、応援してきました。 そして、こんな今だからこそ『“新しい日常”を少しでも前向きに踏み出していただきたい』という強い想いを、今回のプロジェクトという形で表現したいと考えました。」
 
本プロジェクトへの応募方法は以下の通り。
(takami-pr@takami-labo.com)に以下情報をお送りください。
「店舗名」、「住所」、「電話番号」、「メールアドレス」、「ご担当者様のお名前」、
「希望をされる個数」(※上限を1社様100個までとさせていただきます。また、スタッフ数を超えるご希望はご遠慮ください)。
 
追って、タカミ担当者よりご連絡をさせていただきます。
 
【ご注意事項】
寄付は全5000本を予定しております。数には限りがありますため、希望が上限に達した時点で締め切らせていただきます。何卒ご了承くださいませ。
 
担当:タカミ PR/宣伝チーム
 
https://www.takami-labo.com/


週刊ホテルレストラン最新号
2020年10月23日号
2020年10月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】HOTELサバイブ<飲食>
【トップインタビュー】
MEMU EARTH HOTEL 代表取締役 野村 昌広 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE