ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 帝国データバンク調べ 新型コロナウイルスによる上場企業の業績修正と企業動向
帝国データバンク調べ 新型コロナウイルスによる動向

新型コロナウイルスによる上場企業の業績修正と企業動向

2020年06月15日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 帝国データバンク(本社・東京都港区)は、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解についての調査を 2月以降毎月実施しており、このほど 5 月の調査結果(調査期間 5 月 18 日〜 31日、調査対象 2 万 3675 社、有効回答1万1979社)を発表した。それによると、新型コロナウイルス感染症の業績への影響について、「マイナスの影響がある」と見込む企業は 86.1%で、前回調査88.8%と比較すると 2.7 ポイント減少と調査開始以降初めて減少に転じた。このうち「すでにマイナスの影響がある」は 62.8%と依然として増加傾向に。「今後マイナスの影響がある」が 23.3%だった。一方、「影響はない」とする企業が 6.5%、「プラスの影響がある」と見込む企業が 2.8%だった。

 このほか、同社が実施した「新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査」では、業績予想の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業は 6 月 3 日までに累計で 728 社にのぼった。下方修正したことで減少した売上高の合計は約 5 兆 873 億円に。業種別で修正額が最も多いのは製造業の合計 2 兆 2898 億円で、全体の 45%を占めた。新型コロナウイルス感染拡大に収束のメドがたたない中、関連倒産件数は 6 月4日時点で 216 件となっており、今後も影響の拡大が懸念されるとしている。
詳しくはウェブサイト参照→ https://www.tdb.co.jp/index.html 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月03日号
2020年07月03日号
本体1,650円(税込)
【特集】宿泊業界に求められる共通認識 「新型コロナウイルス(COVID-1…
【トップインタビュー】
(株)人形町今半 代表取締役社長 髙岡 慎一郎 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE