ログイン
検索
京王電鉄 2019 年度連結決算

京王電鉄 2019 年度連結決算 ホテル業、営業収益は3.3%減の528 億1400万円

2020年06月10日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京王グループは 2019 年度(2020 年3 月期)の連結決算を発表。営業収益は 4336 億 6900 万 円( 前 期 比 3.1 %減)、営業利益は 360 億 2400 万円(同10.1%減)、 経常利益は 346 億 8400万円(同 11.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は 178 億 7500 万円(同 34.3%減)だった。

 ホテル業では、前年度に開業した宿泊特化型アッパーミドルホテル「京王プレリアホテル 京都烏丸五条」、2019年 5 月に開業した「京王プレリアホテル  札幌」が寄与したものの、新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊および料飲・宴会の需要が急速に減退したことなどにより減収となった。これらの結果、ホテル業の営業収益は 528億1400万円(前期比3.3%減)となった。

 営業面では、「京王プラザホテル(新宿)」において、本館 25、26、31 階の客室を改装したほか、「京王プラザホテル多摩」の一部の客室を㈱サンリオとタイアップしたキャラクタールームに改装、「京王プレッソイン九段下」の全館改装を実施し「京王プレッソイン東京九段下」としてリニューアルオープンした。

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月21日号
2022年01月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテル業界 年頭所感 2022
【トップインタビュー】
国土交通省 国土交通大臣 斉藤 鉄夫氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE