ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • USAライス連合会 “⾷べるスープ”をテーマに「カルローズ」料理コンテスト開催
USAライス連合会 “⾷べるスープ”をテーマに「カルローズ」料理コンテスト開催

USAライス連合会 “⾷べるスープ”をテーマに「カルローズ」料理コンテスト開催

2020年05月14日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

USA ライス連合会日本代表事務所(本部・米国バージニア州)は、カリフォルニア産の中粒種の米「カルローズ」を使ったレシピを競う、第8 回「カルローズ」料理コンテスト2020 を開催する。

今年のコンテストのテーマは「⾷べるスープ」。昨今、スープは外食や小売でも進化しており、コースメニューの一品としてだけでなく主食にもなるなど、「⾷べるスープ」として新しい可能性を示している。カルローズは軽い⾷感でありながら、しっかりとした粒感があり、温製・冷製にかかわらず、スープの⾷材としての存在感を発揮する。こうしたカルローズの特長を生かした新しい「食べるスープ」を募る。

「プロフェッショナル部門」は書類審査による⼀次選考で10 名のファイナリストを選出し、9 月10 日に最終実技審査を実施。同日に結果発表および表彰式を行なう。( 学⽣部⾨は書類審査のみで3 名の優秀賞を決定する)。応募期間は7 月31 日まで。

応募方法などはUSA ライス連合会のウェブサイト(https://www.usarice-jp.com)内のコンテスト特設ページ参照。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年05月22日号
2020年05月22日号
本体1,650円(税込)
【特集】2020 クライシスマネジメント最前線 PART2
【トップインタビュー】
The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu 総支配人 広瀬 康則 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE