ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 新型コロナ関連ニュースまとめ 第二回
新型コロナ関連ニュースまとめ 第二回

クラウドファウンディングで地域を救う!ウラモリ料飲組合の取り組み ほか

2020年04月30日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HOTERESスタッフが新型コロナウィルス関連のニュースで、特に業界に関係しそうなニュースを毎日紹介するコーナーを4/28日から開始しています。第二弾はスタッフ林田研二から、関連ニュースをご紹介します。
最近海外情報も収集しています。シンガポール在住者の話によると、現在感染者が増加しており、特に出稼ぎに来られているワーカーの方々(シンガポール国内に32万人いる)の寮から約10000人以上の感染者が出ているとのことです。ちなみにシンガポールでは本格的にロックダウンが継続実施されており、1.同居人意外と会うことは禁止(家族でも別居の場合は会えない)破った場合は、$10000罰金・6か月禁固刑・VISAはく奪など厳しい罰則となるとのこと。

わたくしからは2つのニュースをお伝えします。
 
① 大阪府の飲食店街がコロナに負けない合同クラウドファウンディング実施中

http://www.hoteresonline.com/articles/8520

➁ 未来に泊まれる宿泊券
https://www.chillnn.com/curation
 
 メーカーが自社で企画・製造した商品を、自社のECサイトを用いて直接消費者に販売する仕組みのことをD2C(Direct to Commerce)と呼ぶ直接販売のひとつですが、「安心な世界で旅に出ようぜ」をモットーに、「未来の宿泊券」を買ってもらえる予約券を販売中です(上記URL参照)。現在、全国の約60の宿泊施設が登録しています。これは全国の宿泊施設が共同で企画するプロジェクトで、新型コロナウイルス感染症の影響で自然や旅行が好きだけれど今は自粛しているトラベラーと、全国の提携宿泊施設の「みらい」 をつなぐ夢のある仕組みとなっています。

 昨日から、全国でラグジュアリーホテルを展開する(株)温故知新も「瀬戸内リトリート青凪」・「壱岐リトリート海里村上」・「箱根リトリート före & villa 1/f(フォーレ&ヴィラ ワンバイエフ)」の施設で通常価格の10%以上の割引で提供中とのこと。代表取締役の松山知樹氏「社会情勢が厳しい中、少しでも観光産業に希望を与えていきたいので参画しました」と答えている。

(レポート:林田研二)
 
 
 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月03日号
2020年07月03日号
本体1,650円(税込)
【特集】宿泊業界に求められる共通認識 「新型コロナウイルス(COVID-1…
【トップインタビュー】
(株)人形町今半 代表取締役社長 髙岡 慎一郎 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE