ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ウィリアム リード ビジネス メディア「アジアのベストレストラン50」2020
ウィリアム リード ビジネス メディア「アジアのベストレストラン50」2020

2020年「アジアのベストレストラン50」発表 日本から12軒選出

2020年04月08日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020 年アジアのベストレストラン50 発表セレモニー の様子
2020 年アジアのベストレストラン50 発表セレモニー の様子

 英国ウィリアム リード  ビジネス メディアが発行、イタリアの「サンペレグリノ」&「アクアパンナ」がメインスポンサーを務める 2020 年「アジアのベストレストラン 50」が発表された。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響からバーチャルアワードセレモニーの開催となった。日本は12軒が選ばれ、国別では最多だった。

 アジアの 1 位は 2 年連続で「オデット」(シンガポール)が獲得。2 位は「ザ・チェアマン」(中国・香港)、3 位は「傳」(日本・東京)だった。そのほかベストテンに日本からは 7 位「フロリレージュ」(東京)、9 位「ナリサワ」(東京)、10 位「ラ・シーム」(大阪)がランクイン。「ラ・シーム」の高田裕介氏は同業シェフの投票によって選ばれる「イネディット・ダム社 シェフズ・チョイス賞」も受賞した。また、部門賞では「菊乃井」(京都)の村田吉弘氏が「アメリカン・エキスプレス・アイコン賞」、「エテ」(東京)の庄司夏子氏が「ヴァローナ社 アジアのベスト・パティシエ賞」を受賞した。
 詳しくはウェブサイト https://www.theworlds50best.com/asia/en/list/1-50


 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月10日号
2020年07月10日号
本体1,650円(税込)
【特集】ニューノーマル 断密・健康オフィスの勧め
【トップインタビュー】
i+Land nagasaki 総支配人 浅田 資継 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE