ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ホテルオークラ東京 The Okura Tokyo開業
ホテルオークラの旗艦ホテル「The Okura Tokyo」9月12日に開業

ホテルオークラの旗艦ホテル「The Okura Tokyo」9月12日に開業。 「オークラ ヘリテージウイング」「オークラ プレステージタワー」で構成

2019年09月09日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ㈱ホテルオークラ東京(本社・東京都港区、池田正己社長)は、2015 年秋より建て替えを進めていた本館を、ホテルオークラグループの旗艦ホテル「The Okura Tokyo」として9 月12 日に開業する。The Okura Tokyo は、41 階建ての「オークラ プレステージ タワー」と17 階建ての「オークラ ヘリテージウイング」の2 棟からなるホテルだ。
 「オークラ プレステージ」は、グループ内最上位ブランドですでに海外展開しているコンテンポラリーなラグジュアリーブランド。「オークラ ヘリテージ」はプレステージの上に位置するスーパーラグジュアリーブランドとなる。
 
 オープンに先駆け9月6日に内覧会を実施。旧本館のロビーを忠実に再現した「オークラ プレステージタワー」のロビーをはじめ約2000㎡の大宴会場「平安の間」など旧本館時代から受け継がれたオークラのレガシー、装いも新たになった数々の料飲施設、最先端の技術を導入した客室などが公開された。
 
 「オークラ プレステージタワー」の客室は47㎡以上を確保する368 室。730㎡の「インペリアルスイート」も登場した。また、37〜40 階のクラブフロアと「オークラ ヘリテージウィングの宿泊者限定で利用可能なクラブラウンジもこちらの棟に設けている。 
 一方、「オークラ ヘリテージウイング」の客室は、53〜256m² を確保する140 室。客室同士が向き合わないよう、共有部分のフロアの中央を囲むように客室を配することでよりプライバシーが保たれるつくりとした。
 直営の料飲施設は2 棟合わせて、日本料理「山里」、フランス料理「ヌーヴェル エポック」、オールデイダイニング「オーキッド」、中国料理「桃花林」、鉄板焼「さざんか」、メインバー「オーキッドバー」、バーラウンジ「スターライト」を用意。
このほか婚礼施設やフィットネス&スパ、プールなども備える。
 
【The Okura Tokyo 概要】
所在地:東京都港区虎ノ門2-10-4 /敷地面積:2 万442.44㎡/延べ床面積:約18 万㎡/客室数:オークラ ヘリテージウイング140室(内スイート7室)、オークラ プレステージタワー368 室(内スイート10 室)/付帯施設:レストラン5、バー2、宴会場、婚礼施設、クラブラウンジ、フィットネス&スパ、プールなど

http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月20日号
2019年09月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】「HOTERES EXPO 2019」開催 インバウンドねらいの供給過剰市場…
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ北京 総支配人 ヴィンセント・ピモン 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE