ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 日本フードサービス協会  2019年5月の外食産業市場動向  GWの休日数増で、売上は前年を上回る
日本フードサービス協会 

2019年5月の外食産業市場動向  GWの休日数増で、売上は前年を上回る

【週刊ホテルレストラン2019年07月26日号】
2019年07月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 5 月は、GW 後半の6 連休から始まり、昨年と比べて休日が2 日多かったこともあり、連休期間中は堅調に推移した。連休後はその反動による節約志向などで客足が鈍ったものの、引き続き、季節メニューの投入やメニュー価格の改定等により客単価が上昇、全体の売上は103.1%と33 カ月連続して前年を上回った。
 
 業態別では、ファーストフード(FF)業態の全体の売上が103.9%と前年を上回った。「洋風」は、改元の祝賀ムードの中、過去の人気商品の再登場や新商品の投入で客単価が上昇、売上は104.2%。「和風」は、サイドメニューの価格改定、定食メニューの好調などで客単価上昇、売上104.9%。「麺類」は、携帯会社とのコラボキャンペーンにより客数が大幅に増加し、売上107.2%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は長い休暇で日常使いの弁当等が苦戦したものの、回転寿司が好調に推移したため、店舗減の中で売上は102.3%。「その他」は、「カレー」が連休期間中に一部店舗で休業日を設けたこと、「アイスクリーム」の会員アプリ入会キャンペーンが思ったほど振るわなかったことなどで、売上95.4%となった。
 
 ファミリーレストラン業態の全体売上は103.4% と前年を上回った。業種別では、「洋風」と「和風」は、GW 後の節約志向などもあり客数は減少するも、フェアメニューの好調等で客単価が好調し、売上は「洋食」101.9%、「和風」101.0%。「中華」は、テレビ露出の影響と連休期間中の集客好調により、売上は108.4%。「焼き肉」も、GW のファミリー需要等が好調で、売上は106.3%となった。
 
 飲酒屋業態は、長い休日がビジネス街の客足に影響したが、繁華街ではプラスに働き客数増加。「パブ・ビアホール」は連休明けに客足が鈍ったものの月末には回復し、売上101.5%と前年を上回った。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年01月17日号
2020年01月17日号
本体3,300円(税込)
【特集I】TOKYO 2020 Olympic, Paralympic Games & MICE

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
新連載 厨房哲学  ㈱八芳園 本館調理/白凰館調理セクション 統括料理長  西野 剛 氏  ダイバーシティ化における 料理の在り方を考えるとき ~最先端の情報収集を自分の足で収集し、常に新たなる挑戦を~
新連載 厨房哲学  ㈱八芳園 本館調理/白凰館調理セクション 統括料理長  西野 剛 氏 
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHGR)/GHS 日本初展開「ホテルインディゴ箱根強羅」2020年1月24日開業 全室・天然温泉風呂を完備、和の伝統を融合した世界観で表現
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHGR)/GHS 日本初展開「ホテルインディゴ箱根強羅」2020年1月24日開業 全室・天然温泉風呂を完備、和の伝統を融合した世界観で表現
ベッセルホテル開発 「ベッセルイン京成津田沼駅前」 2月1日開業予定
ベッセルホテル開発 「ベッセルイン京成津田沼駅前」 2月1日開業予定
2019年12月27日号 トップインタビュー インターコンチネンタル横浜 Pier 8 執行役員/総支配人 鈴木 実 氏/ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 執行役員/統括総支配人 本城 明 氏
2019年12月27日号 トップインタビュー インターコンチネンタル横浜 Pier 8 執行役員/総支配人 鈴木 実 氏/ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 執行役員/統括総支配人 本城 明 氏
三井不動産 再開発プロジェクト「豊洲ベイサイドクロス」に 「三井ガーデンホテル」6月25日開業
三井不動産 再開発プロジェクト「豊洲ベイサイドクロス」に 「三井ガーデンホテル」6月25日開業
CLOSE