ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • データファイル  全国61都市ホテル稼働率速報  2019年1月 稼働率減少も単価上げにより売り上げは前年比超える傾向に
データファイル  全国61都市ホテル稼働率速報 

2019年1月 稼働率減少も単価上げにより売り上げは前年比超える傾向に

【週刊ホテルレストラン2019年03月01日号】
2019年03月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月における全国のホテルパフォーマンスについて集計がまとまった。
 2019 年1月の全国の平均客室稼働率は69.7%、対前年月比で0/4ポイント下落となり、定員稼働率は62.3%で対前年月比0.4 ポイント下落となった。

 
 北陸・甲信越および中四国を除く多数のエリアで客室稼働は対前年比で減少の結果となった。しかしながら、単価を上げることで国内需要減により稼働が減少するも、各エリアとも売り上げは前年比を超えている傾向にある。
 

【南九州エリア】71.7%(0.8 ポイント減少)。
 宮崎は「客室改装工事により、客室減少」。
 
 「全国稼働率調査」記事詳細は3月1日号にて。本誌では実際の各地域の稼働率、前年同月比、各エリアでの同月の特色などのほか、ADR動向を掲載している。
※本誌「全国客室平均単価(ADR)エリア分析速報」における稼働率は「全国61都市ホテル客室稼働率」と集計ホテル数が異なるため、対前年月比の数値が異なる場合があります。
 
ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php?category_id=7

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月22日号
2019年03月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】次世代の料理人教育
【トップインタビュー】
(株)オークラ ニッコー ホテルマネジメント 執行役員 ホテ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE