ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特別企画II 東京五輪への備え、食の安全・安心を再考する |総括編|
特別企画II

東京五輪への備え、食の安全・安心を再考する |総括編|

【週刊ホテルレストラン2017年12月22日号】
2017年12月22日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 インバウンド需要や2020 年東京五輪への期待値を受け、ホテルの開発案件が全国的に急増している。一方、東京五輪では、オリンピック・パラリンピック開催地における食材提供のルール「オリンピックレガシールール」のもと、現地で調達した食材による料理を提供することが定められている。年々増えるインバウンド率を鑑みつつ、日本で提供する料理、食材の安全性、そして安心できる滞在を保証する心構えとして、食材に対する考え方、衛生管理体制などを考えていく。
 
 本誌では、リゾートエリアのホテルにおける食の安全・安心に加えて、その土地ならでは食材を生かした提供の仕方として「軽井沢プリンスホテル イースト」での取り組みを紹介(2017年8 月18 日号既報)している。3 年後には東京五輪を開催するわが国の観光ビジョンとしては、同年のインバウンド目標数を4000 万人と掲げているが、これは、このスポーツの祭典を機に訪れる人たちに向けて、日本の伝統文化を訴求する最大の機会とも言い換えられる。また2013 年12 月に、ユネスコ無形文化遺産に「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されたことも受け、すでに日本食や日本での食事を楽しみに渡航しているインバウンドも多くみられる。いずれにせよ、今後の日本の観光需要を担っていくインバウンドにとって、日本での食文化体験は楽しみであると同時に安全・安心できるものでなければならない。

 
 食材の衛生管理を考えた場合、前出の「軽井沢プリンスホテル イースト」および同エリア内(プリンスグランドリゾート 軽井沢)の全ホテルの食を統括する総料理長の北爪雅信氏同様、殺菌済みで衛生面に優れたキユーピーの卵商品を推奨している総料理長およびパティシエは多く、今回はその声をいくつか紹介する。
 
----
本記事は特別企画の紹介記事です。
HOTERES 12月22日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版購入はこちら
 
----

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第七回  (株)横浜君嶋屋 売れるか売れないかではなく「飲み続けられる酒」を基準に選ぶ
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
CLOSE