ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル 《千葉市編》

観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル 《千葉市編》

【週刊ホテルレストラン2017年09月08日号】
2017年09月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取り上げるのは千葉県の県庁所在地である千葉市。千葉県の行政、文化、業務・商業の中心都市であり、政令指定都市、業務核都市として指定されている。千葉市が位置する千葉県は幕張新都心や成田国際空港、東京ディズニーリゾートなどわが国を代表する施設を抱えている。以下に千葉市のマーケットポテンシャルとともに、千葉県の観光マーケットを見ていこう。
 
文殊リサーチワークス
http://monju-rw.com
 
 
1. マーケットポテンシャル
 千葉市は人口94 万2530 人(2016年3 月末)を擁する政令指定都市である。これは千葉県人口の15.3%のシェアを占めており、県内で第1 位の人口規模となっている。その他の千葉県内の主要都市を見ると、船橋市が61 万2982人、シェア10.0%で県内第2 位の人口規模を有し、この2 市で千葉県全体の約1/4 のシェアを有している。次いで松戸市が47 万6751 人、市川市が46 万3338 人、柏市が40 万2268 人と続いており、40 万人以上の大規模な人口規模を抱える都市が多く存在していることがわかる。これは千葉市をはじめ東京都に近い都市がベッドタウンとして機能していることに起因している。(図表1)
 
 過去5 年間の人口増加率(16 年/11 年)を見ると、千葉市は0.6%の微増となった。その他の千葉県内の主要都市は、プラスとマイナスに分かれており、流山市が6.1%、習志野市が3.0%、木更津市が2.6%と比較的増加率の高い都市となっている。減少都市を見ると我孫子市が▲ 2.6%、野田市が▲ 1.4%、市原市が▲ 1.4%となっている。
 
 千葉市の年齢構造を見ると、若年人口比率は17.9%、適齢期人口比率は26.0%であり、若年人口比率は全国レベル(18.0%)と同レベル、適齢期人口比率は全国レベル(25.1%)を上回る結果となった。その他の千葉県内の主要都市の若年人口比率を見ると、浦安市が21.0%、八千代市が19.9%、成田市が18.8%、習志野市が18.7%で比較的高い結果となった。適齢期人口比率では県北部以外はほぼ全国レベル以上となっているが、特に浦安市の33.5%、成田市の30.6%、市川市の29.8%、船橋市の29.2%、習志野市の29.0%が高い値となっている。東京都に近接している都市、もしくは都内へのアクセスが良好な都市、さらに国際空港が位置する成田市において若年人口比率、適齢期人口比率が高いことが分かる。
 
千葉県内の主要都市の高齢者人口比率(65 歳以上人口比率)はおおむね全国レベル(23.0%)を下回っている。(図表2)
 千葉市の将来推計人口を見ると、依然人口増加フェーズにあり、2025 年ごろまでは2010 年ベースの人口規模を維持すると推計されている。その他千葉県内の主要都市を見ると、成田市や八千代市、柏市、鎌ヶ谷市、習志野市は千葉市よりも長く2010 年ベースを維持するとされ、将来的に人口ポテンシャルが高いと推測される。東京から距離のある県南部や北部、東部などは早い段階で減少フェーズに突入している。(図表3)
 
 
※「千葉市周辺都市の人口マーケットトレンド」「千葉市周辺都市の年齢構成」「千葉県主要都市の将来推計人口」「都市勢圏」「拠点性と流入傾向」「千葉県周辺都市の婚姻マーケットトレンド」「千葉県の観光目的日帰り・宿泊比率」「千葉県の観光目的県内・県外比率」「千葉県の観光消費額単価」「国籍別訪日外国人の千葉県への訪問率」など図表や詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
ご注文フォームはこちら
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
 
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE