ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • トップインタビュー  ㈱東急ホテルズ 取締役 執行役員 ザ・キャピトルホテル 東急 総支配人 末吉 孝弘 氏
トップインタビュー  ㈱東急ホテルズ 取締役 執行役員 ザ・キャピトルホテル 東急 総支配人 末吉 孝弘 氏

目指すは「日本一のホテル」 ホテルマン人生、最後にして最高のチャンス

【週刊ホテルレストラン2017年07月14日号】
2017年07月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
2017年4月1日、ザ・キャピトルホテル 東急の総支配人に就任した末吉 孝弘氏は、就任後初のゼネラルスタッフミーティングにおいて開口一番「日本一のホテルになる」と語った。㈱東急ホテルズのみならず、東急グループのフラッグシップとしての役割を担う同ホテルのポテンシャルを最大限に引き出し、日本を代表する存在にまでその価値を高めていくこと。それは長年にわたりホテル業界で活躍してきた末吉氏が、自らのホテルマン人生を賭けた大仕事でもある。「日本一のホテル」に向かって歩み始めた新総支配人に、胸に抱いた真剣な思いを聞いた。

㈱東急ホテルズ 取締役 執行役員 ザ・キャピトルホテル 東急 総支配人 末吉 孝弘 氏
㈱東急ホテルズ 取締役 執行役員 ザ・キャピトルホテル 東急 総支配人 末吉 孝弘 氏

 
アソシエイツの熱いレスポンスに
ホテルのポテンシャルを再確認した
 
――東急ホテルズのフラッグシップに位置付けられるザ・キャピトルホテル 東急の総支配人として、どのような使命を果たしていきますか。
 
 ザ・キャピトルホテル 東急の名前で開業から7年がたつこのホテルは、東急ホテルズとしてはもちろん、東急グループ全体のフラッグシップホテルでもあります。つまり、東急グループ221社8法人のブランド価値の向上にも貢献するという使命を担っているのです。
 
 ザ・キャピトルホテル 東急のブランドブックには「不易流行」というブランドビジョンのもと「日本を象徴する最高峰のホテルブランドとして、世界中から訪れるお客さまに最上の和らぎを提供するホテルになる」と記されています。1963年にヒルトンホテル東京として営業を開始して以来、54年にわたり脈々と受け継がれるおもてなしのDNAが流れるホテルのポテンシャルをしっかりと引き出して、名実ともに日本を代表するホテルにすることが、私に課せられたミッションだと思っています。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE