ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 三井不動産㈱ ㈱三井不動産ホテルマネジメント 新ブランド「ザ セレスティンホテルズ」を発表 新ホテルを9月7日 京都、10月5日銀座に開業!
三井不動産㈱ ㈱三井不動産ホテルマネジメント

三井不動産㈱ ㈱三井不動産ホテルマネジメント 新ブランド「ザ セレスティンホテルズ」を発表 新ホテルを9月7日 京都、10月5日銀座に開業!

2017年02月06日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産㈱および㈱三井不動産ホテルマネジメントは2017年2月3日、グループの新ブランドホテルとして「ザ セレスティンホテルズ」を発表。それにあわせ、新ブランドを冠した「ホテル ザ セレスティン京都祇園」を9月7日に、「ホテル ザ セレスティン銀座」を10月5日に開業すると公表した


 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ロビー
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ロビー
「ホテル ザ セレスティン銀座」エントランス
「ホテル ザ セレスティン銀座」エントランス


新ホテルブランド「ザ セレスティンホテルズ」のコンセプトは以下の通り。
 
①ローカル エクスペリエンス(Local Experience)

“この国の、それぞれの土地の、体験を。”

 その地域を象徴するような文化・歴史性が深いロケーションにおいて、地域を尊重し融和させた上質なデザインと、その土地ならではの多様な滞在体験を提供。 
 

②プライベートスタイル(Private Style)

“自分らしい時間のために、帰る場所。”

 お客さまが「第2 の我が家」のように寛いで頂ける、心地よい規模のプライベート空間を創出。

 
③パーソナライズド ホスピタリティ (Personalized Hospitality)

“お客さまの数だけ、おもてなしがある。”

 お客さま一人ひとりの目線や嗜好に寄り添い、心配りの効いた日本ならではの、さりげないおもてなしを提供。

 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ゲストラウンジ
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ゲストラウンジ


ブランドロゴ
 新ホテルのブランドロゴは、ブランド名称『ザセレスティンホテルズ』(THE CELESTINE HOTELS)の“C“の文字をシンボル化し、「丸窓」と「組子紋様」をモチーフにデザイン。日本の茶室や住まいに見られる、四季折々の風景を写す円形の窓に、伝統的工芸美を組み合わせることで、ブランドコンセプトの「ローカルエクスペリエンス」、「プライベートスタイル」を表わしています。また、ロゴカラーの暖かみある色は、ブランドコンセプトの「パーソナライズドホスピタリティ」を表現している。
 



サービスポリシー
『ザ セレスティンホテルズ』では、「第2の我が家」のように寛いでお過ごしいただけるよう、細やかなサービスの提供を目指すという。
「お出迎え」、「チェックイン」、「お部屋へのご案内」、「チェックアウト」、「お見送り」における対応を、専門部署による業務分担を行わず、ひとつの「ゲストエスコートチーム」と位置づけ、全てのスタッフが対応できる体制とする。ゲストとの接点を増やすために「チェックイン」から「お部屋へのご案内」を一人のホテルスタッフが対応。ゲストとのさりげない会話から、ニーズを察知し応対していくことで、ご滞在中におけるパーソナルなホスピタリティを提供することを目指す。

なお、既存の東京・芝の「セレスティンホテル」は今秋に「ホテル ザ セレスティン東京芝」にリブランド予定。

 


『ホテル ザ セレスティン京都祇園』 概要
 
1. 立地
 ホテル ザ セレスティン京都祇園は、世界的観光都市京都の中でも、古都の風情が色濃く残る東山地区・八坂通に面した場所に立地し、当該地は歴史遺産型美観地区に指定されている。周辺には、京都を代表する花街・祇園があり料理店が集う一方、国宝を有する京都最古の禅寺建仁寺をはじめ、清水寺、高台寺、八坂神社等の数多くの名刹・古刹や、鴨川、東山山麓の自然にも囲まれた絶好のロケーションとなっている。
 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」外観
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」外観


2. 開発コンセプト:「東山悠遠(ひがしやまゆうえん)の邸」
京都東山の原風景の中に佇む「東山悠遠の邸」をコンセプトとして開発。
外観デザインは、京都の伝統を映した切妻屋根と、現代建築を調和させた力強いファサードとなっている。外構は、丹波石の石積を基壇とし、アカマツ、ヤマザクラ、イロハモミジ等を配し、東山の原風景と四季折々の移ろいを感じ取れるデザイン。
インテリアデザインは SIMPLICITY、造園デザインは荻野寿也景観設計が手がけている。
 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」エントランス
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」エントランス


3.フロア構成
ロビー階および客室階5層の6フロアで構成しており、ロビー階にはラウンジ、中庭、スパ(大浴場)、レストランを設けている。八坂通から一歩奥まった場所に位置したエントランスを抜け、ホテルに入ると高さ約6mの吹き抜けロビー空間が広がる。エントランス横には、坪庭を臨むゲストラウンジがあり、夜はバーとして利用可能。

 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ロビー
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」ロビー


4. 施設詳細
(1) 客室
総客室数はツインベッドルームを中心に157室とし、うち60㎡以上のコンセプトルームを5室設えた。
日本の伝統様式や京の歴史・風景を、現代に置き換えてデザインすることを空間美の考え方としている。各客室では、靴を脱いで寛ぐスタイルを採用。インテリアも、アメニティも、ひとつひとつを丁寧に選び、こだわりのバスアメニティや、お茶を贅沢に嗜んでもらえるような茶器をお部屋に用意した。
 

「ホテル ザ セレスティン京都祇園」スーペリアツイン
「ホテル ザ セレスティン京都祇園」スーペリアツイン


コンセプトルーム
「セレスティンデラックス八坂」

「TEA ROOM」をテーマとする、2 室のみの特別な空間。
客室に用意した種類豊富なお茶からお好みの一品をゲストが選び、専門知識を備えたスタッフがふるまう、祇園ならではのおもてなしスタイルを体感できる。(インテリアデザイン 株式会社SIMPLICITY)
 



「セレスティンデラックス東山」
「月」をテーマとする、最も広いゲストルーム。明るい自然光と和紙越しの淡い光に包まれる空間は繊細なこだわりに溢れ、落ち着いた色調が巧みに組み合わされた特別な空間です。(インテリアデザイン 三井デザインテック株式会社)
 


(2) 客室タイプ
部屋名称 / 専有面積 / 客室数 / ベッド幅
スーペリアダブル / 約26㎡ / 5室 / 1,600mm
コンフォートダブル / 約28~32㎡ / 10室 / 1,600mm
スーペリアツイン / 約30~35㎡ / 120室 / 1,200mm
デラックスツイン / 約34~37㎡ / 13 室 / 1,200mm
セレスティンツイン約 43 ㎡ 3 室1,200mm
セレスティンデラックス八坂 / 約61㎡ / 2室 / 1,200mm
セレスティンデラックス東山 / 約64~66㎡ / 3室 / 1,400mm
アクセシブルツイン / 約31㎡ / 1室 / 1,200mm

 


(3) スパ(大浴場)
館内には、やわらかい光の陰影と坪庭を眺め、ゆったり疲れを癒すスパを設けている。
坪庭は、人里離れた山奥の涸れ川の跡のように粗く乾いた表情の地に対し、緑の鮮やかなコントラストを表現する造形とすることで浴室の潤いを引き立たせている。
 


(4) ゲストラウンジ、バー
宿泊者専用のゲストラウンジでは、お飲み物や、お菓子類などを無料で提供するとともに、京都に関する書籍や雑誌、写真集などもご用意している。夜はバーとして利用可能(有料)。
 

ホテル ザ セレスティン京都祇園」 施設概要
開業:2017 年9 月7 日(木)
インテリア設計:三井デザインテック株式会社、株式会社SIMPLICITY
造園設計:荻野寿也景観設計
所在地:京都府京都市東山区大和大路通四条下る4 丁目小松町572 番地2
客室数:157 室
付帯施設:レストラン※1、スパ(大浴場)、ゲストラウンジおよびバー
※1株式会社圓堂 出店予定 (店舗名未定)

 



『ホテル ザ セレスティン銀座』 概要

1. 立地
ホテル ザ セレスティン銀座は、日本を代表する商業地・銀座のメインストリートの一つである外堀通りに面し、三方向に開けた角地にあるため、銀座を歩く人の目にとまる、まさに銀座を象徴する場所に開業する。周辺には料飲店舗やブランドショップ、貴金属店等が集まっており、銀座の歴史、伝統、文化、先進性を感じ取れるロケーション。また、東京メトロ銀座線、JR 山手線をはじめとした各路線とのアクセスも至便な立地。
 

「ホテル ザ セレスティン銀座」エントランス
「ホテル ザ セレスティン銀座」エントランス


2. 開発コンセプト: 「華麗なる静謐」
銀座の繁華街の中に位置しながらも凛とした佇まいで、一歩館内に入った瞬間に、街の喧騒から仕切られた結界を感じる、「華麗なる静謐」を開発コンセプトとした。
外観は、銀座の街並みに調和しながら、上品かつ存在感を際立たせる総石張りのデザインとなっている。インテリアデザインは、国内外のラグジュアリーホテルを手掛けているHirsch Bedner Associates が担当。銀座の地に相応しい上質な素材感を大切にした内装に、柔らかく空間を灯す照明を重ねた非日常的な空間と、邸宅のリビングや応接室の様な落ち着いた寛げる空間を演出している。
 

「ホテル ザ セレスティン銀座」エレベーターホール
「ホテル ザ セレスティン銀座」エレベーターホール
「ホテル ザ セレスティン銀座」ホワイエ
「ホテル ザ セレスティン銀座」ホワイエ


3. フロア構成
フロアは 1 階から14 階までの14 フロアで構成。1 階にはロビー、2~13 階が客室フロア、14 階にレストラン(バーラウンジ)を配している。
 

「ホテル ザ セレスティン銀座」レストラン(バーラウンジ)
「ホテル ザ セレスティン銀座」レストラン(バーラウンジ)


4. 施設詳細
(1) 客室
客室は天井までのハイサッシを採用した空間的な広がりを特徴としている。格別な時間を演出する“非日常性”と、「第2の我が家」として寛げる“安心感”を両立したデザインを採用。木目を活かしたインテリアが落ち着いた雰囲気を演出するスタイリッシュな「スーペリアダブル」、上質を知る大人のカップルをイメージしてしつらえた「スーペリアツイン」を始め、全5 カテゴリー、総客室数104 室を用意した。
 

「ホテル ザ セレスティン銀座」スーペリアツイン
「ホテル ザ セレスティン銀座」スーペリアツイン


(2) 客室タイプ
部屋名称 / 専有面積 / 客室数 / ベッド幅
スーペリアダブル / 約24㎡ / 65室 / 1,600mm
スーペリアツイン / 約31㎡ / 24室 / 1,200mm
セレスティンツイン / 約34㎡ / 12室 / 1,200mm
セレスティンデラックス / 約47㎡ / 2室 / 1,200mm
アクセシブル / 約24㎡ / 1室 / 1,600mm
 

「ホテル ザ セレスティン銀座」スーペリアダブル
「ホテル ザ セレスティン銀座」スーペリアダブル


(3) レストラン
ホテルの最上階には、東京・青山に本店を構える、高いホスピタリティが話題のイタリアンレストラン「Casita」が、銀座初出店。
ホテルの中のもうひとつの「あたたかい家」をテーマに、ひとの温かみが感じられるダイニングとしてゲストをもてなす。銀座の夜景を背に、「Casita」の意味である「おうち」のような温かさを感じるインテリアデザインを採用しており、深夜はバーラウンジとして、「大人の隠れ家」と呼ぶにふさわしい空間をゲストに提供する。同店舗は、カシータグループが展開するレストランの、最上級のフラッグシップとして開業予定。
 

ホテル内に出展するレストラン「Casita」
ホテル内に出展するレストラン「Casita」

「ホテル ザ セレスティン銀座」 施設概要
開業:2017 年10 月5 日(木)
建築設計:株式会社日建設計
インテリア設計:Hirsch Bedner Associates
所在地:東京都中央区銀座8 丁目101 番8、11 番地(地番)
交通:JR「新橋」駅徒歩3 分
客室数:104 室
付帯施設:レストランおよびバーラウンジ※2
※2株式会社サニーテーブル 出店予定 (店舗名未定)

 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年03月24日号
2017年03月24日号
本体1,600円(税込)
【特集】HCJ2017徹底レポート
【トップインタビュー】
城山観光㈱ 代表取締役社長 東 清三郎 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定 世界遺産と豊かな緑に囲まれた奈良公園に最高級インターナショナルの開業を目指す
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定
京王プラザホテル  フランス料理界の重鎮 名誉総料理長 緑川廣親氏、国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ 日本人として初の受賞
京王プラザホテル 
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱  中部国際空港(セントレア)初の外資系ホテル「フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港」2018年秋に開業
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱ 
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
CLOSE