ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • パレスホテルがアンバサダーパレスホテル台北2028年開業予定
パレスホテルがアンバサダーパレスホテル台北2028年開業予定

パレスホテルがアンバサダーパレスホテル台北2028年開業予定

【週刊ホテルレストラン2022年11月25日号】
2022年11月24日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンバサダーパレスホテル台北 外観イメージ
アンバサダーパレスホテル台北 外観イメージ

 (株)パレスホテル(本社・東京都千代田区、吉原大介社長)は、台湾・台北市に位置する老舗ホテル・台北アンバサダーホテルの建て替えに際し、國賓大飯店股份有限公司(本社・台湾台北市)とホテルマネジメント契約を締結し、「アンバサダーパレスホテル台北」を 2028年に開業する。
 
 國賓大飯店股份有限公司による台北アンバサダーホテルは、1964年に開業し台湾初の民営 5つ星ホテルとして 60年近くの歴史をもち、台湾を代表するホテルとして日本のビジネスマンや観光客から長年にわたり愛されてきた。本年9月に建て替えのため閉館したホテルは、美術館やレストランの集まる台北で最も活気のあるエリア中山区に位置し、パレスホテルとのパートナーシップのもと、新しいコンセプトで最上質のラグジュアリーホテル並びにレジデンスを備えたツインタワーとして生まれ変わることとなった。
 
 今回のパートナーシップ締結に際し、双方のホテル会社としての矜持を尊重し、ホテル名は両社の名を連ねた「アンバサダーパレスホテル台北」となる。
 
 台北は 2023年以降外資系のラグジュアリーホテルが多数参入し、建設が計画されている。パレスホテル東京は、2016年、世界的に権威あるトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド」のホテル部門にて日系ホテルとして初めて 5つ星を獲得するなど、世界基準のサービスを実現しながらも「最上質の日本」を提供してきた。今回の協業で、エリアを代表するホテルとして歴史を紡ぎ、ホスピタリティ業界を牽引してきた両社が手を取り、台北に新たなラグジュアリーホテルを創造していくという。

 

國賓大飯店股份有限公司の許育瑞董事長(左)とパレスホテル吉原大介社長
國賓大飯店股份有限公司の許育瑞董事長(左)とパレスホテル吉原大介社長

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE