ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「高級プライベートアイランドの世界 ~ ラグジュアリートラベルにおける価値創出」 真の「ラグジュアリートラベル」とは? 【TAROウェビナーシリーズ 第9回】 ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている?
【TAROウェビナーシリーズ 第9回】 ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている?

「高級プライベートアイランドの世界 ~ ラグジュアリートラベルにおける価値創出」 真の「ラグジュアリートラベル」とは?

2022年10月27日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【TAROウェビナーシリーズ 第9回】
 ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている?

今回のテーマは
「高級プライベートアイランドの世界 ~ ラグジュアリートラベルにおける価値創出」
 真の「ラグジュアリートラベル」とは?

Banwa Private Island Commercial Director:
Pamela Balce氏(営業部長: パメラ・バルス氏)

日時:2022年11月2日(水)16時~16時50分
※今回の講演は英語です。

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ラグジュアリートラベルとは何か?

ラテン語が語源で「過度な無駄づかい」、「過剰な道楽」と言った意味を持つ「ラグジュアリー」という言葉。
近年、このラグジュアリートラベラーに変化が起こっています。

この変化は、あらゆる調査で分かっており、高価・高級・贅沢といった価値以上のものを旅行に求めています。

単に高価なものだけではなく、ラグジュアリートラベラーは何に対価を払うものなのか?

 フィリピンには7,000以上の島が存在し、プライベートアイランドとして運営しているリゾートがいくつか存在しています。
その一つに、フィリピン南西部にある秘境パラワン島の海洋保護区内のプライベートアイランドに建てられたリゾート、
『バンワ・プライベート・アイランド / Banwa Private Island』が2019年にオープンしました。

コロナ前の2019年5月のプレオープン時は、島ごと貸し切るシステムを取っていたため、
1泊の価格が10万ドル(当時の値段で約1100万円)と“世界で最も高価なリゾートホテル”の一つとされ、
業界内でも話題になったリゾートです。

ところがパンデミックの影響により2020年に一時閉鎖を余儀なくされ、国内客を中心に運営。
その後2021年5月に再オープンを果たした時、価格改定とブランド価値のイメージチェンジを図りました。

「ラグジュアリートラベルは値段ではなく、本物の体験にこそ価値がある」。

この「真価」を追求すべく、バンワ・プライベート・アイランドでは、有害な殺虫剤を使わずに蚊を根絶する
フィリピン初の「蚊がいない島」を目指したり、海洋保護区という特徴を生かし、環境再生事業などを含む
環境に配慮した様々な持続可能なプロジェクトを実践しています。

これらを通じ、リゾートの本来あるべき価値以上の価値の創出に全力で取り組んでいます。

また、価値以上の価値の提供ということで、マニラから水上飛行機で2時間。
この15エーカーの島へは希望があればプライベートジェットとヘリコプターによる送迎も提供しており、
静けさ、完全なるプライバシー、パーソナライズされたほかに類を見ない究極の贅沢、極上なサービスを
提供していることで再び注目を浴びています。

この稀有な境遇を経験した高級リゾートに、今回はプライベート・アイランドの魅力や利用する富裕層の特徴、
そして、本来あるべき「ラグジュアリーの価値創出」について伺います。


今回のスピーカーは、バンワ・プライベート・アイランドのコマーシャル・ディレクター(営業部長)の
パメラ・バルス氏です。

バルス氏はバンワ・プライベート・アイランドに着任する以前は15年間シンガポールを拠点としている
COMO Hotels & Resortsのグローバルセールスディレクターとして従事。それ以前はシックスセンシズ、
シャングリ・ラ、チバソムのアジア地域のシニア営業職として活躍しておりました。

是非ご参加ください。
※本公演は英語で行います。

【ウェビナー概要】
日時:2022年11月2日(水)16時~16時50分
開催 :Zoom
参加費:無料
申し込み:以下よりお申し込みください。
https://jp.surveymonkey.com/r/TARO20221102
※今回の講演は英語です。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE