ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • グローバル美食パネルトークショー ~ 未来の料理を考える ~
初開催!ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2022 パネルトークショー

美食パネルトークショー開催のお知らせ!!

2022年08月15日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境問題の影響を大きく受けている私たちの食生活。近い将来には、気候変動に伴う極端気象や自然災害の増加が、食料の生産からシェフたちが作る料理にまで大きな影響を与えると言われています。食品ロスの削減や食料の輸送に伴う環境への負荷軽減に向け、国内生産の拡大、地産地消の推進等の取組を行っていくことが重要とされる中、これからの食生活はどう変わるのか?料理界で将来のために変えるべきことは何?これらの問題を取り入れながら、日仏のパネリストが一同に会して「私たちができるサステナブルな取り組みを通じて未来の料理を考える」をテーマに議論します。

日仏の料理界から迎えるパネリストたちの具体的な経験を通して、環境問題と料理のバランスを見出し、各地の風土や生物多様性を尊重しつつ自給自足や健康的な料理の提供を向上させる方法を考えます。パネルトークショーの後は、ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2022公式パートナーの七賢、アークティック ブルー ジンよりスペシャルドリンクを提供します!

豪華パネリスト登壇
豪華パネリスト登壇

《開催概要》

テーマ / 私たちができるサステナブルな取り組みを通じて未来の料理を考える

日時 2022年9月21日(水)ドアオープン 15:30~ トークショー 16:00~

トークセッション終了後(17:30~18:30)には、ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2022公式パートナー、七賢よりアラン・デュカス・スパークリングサケ、またアークティック ブルージンよりスペシャルカクテルをご提供いたします!

会場 パーク ハイアット 東京 39階 ボールルーム(東京都新宿区西新宿3-7-1-2)
最寄駅 JR新宿駅より徒歩12分、都営大江戸線都庁前駅より徒歩8分

パーク ハイアット 東京 感染症対策について
パーク ハイアット 東京における「健康維持のためのケア」について | パーク ハイアット 東京 (hyatt.co.jp)

価格 一般価格 1名:2,500円(税込)
人数 70名(予定)※感染症の情勢により最大人数を変更する場合があります。

■ 一般予約大好評受付中!
▼▼▼

https://frw2022-panel-talk-show.peatix.com/
 
※満席になるとお席はご予約いただけません。予約状況により受け付けが再開される場合があります。

✩特別キャンペーン✩
ダイナースクラブ会員のお客様は先行予約期間中特別価格 1名:1,250円(税込)でご予約いただけます。

■ お支払い
Peatix予約画面よりカードのご決済をもって予約確定となります。※イベントが中止となった場合を除き、カード決済後のキャンセルはお受けできません。
 
■   ご注意事項
*20歳未満のお客様へのアルコール提供はいたしません。
*ドリンクの変更や追加はお受けできません。政府や自治体の要請に従い提供内容に変更が生じる可能性があることご了承ください。
*ドリンクは無料提供の為、アルコール類が提供ができない場合もお支払い価格に変更はありません。
*体調が優れないお客様、また37.5度以上の熱がある場合ご入場いただけません。会場の感染症対策にご理解とご協力をお願いします。
*会場内で写真・動画撮影を行う場合があります。
*感染症の拡大その他、やむを得ない理由によりドリンクの提供または、イベントの開催を中止する場合があります。

南フランス・ニースの魅力がつまったストーリーをお届け♪

Jean Médecin ジャン・メデシン

1971年フランス パリ生まれ。父はオペラビジネスの実業家、母はオペラ歌手。南仏ニースのジャン・メデゥサン通りはかつて同市長であった祖父の名に由来。叔父ジャック・メデゥサン氏は料理本を執筆し世界的ベストセラー。食文化や料理を愛する過程環境に育ち、幼少期よりたびたび家族とともにニース料理に親しむ。金融ビジネスを手掛けるかたわら料理本を執筆。

インスタグラム
@nice_medecin

トピックス|ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2022 (francerestaurantweek.com)

2022年参加店舗が提供するコースの共通テーマは「南フランス」。ダイナースクラブ フランス レストランウィークでは、2022年から新たにフランス国内の魅力的なエリアひとつに焦点を当てて毎年ご紹介していきます!いま日本でもご当地メニューが大人気ですが、フランスのご当地メニューにも同じように触れていただきたい!という想いでスタート。南仏のメニューからも参加レストランが検索いただけますのでお楽しみに!さらに・・・前ニース市長のお孫さんであるジャン・メデシンさんをスペシャルサポーターにお迎えし、ご自身の著書から南仏料理にまつわるストーリーと、ニース旅行のティップスを紹介いただきますよ!※本コンテンツは、ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2022イベント終了までの限定公開となります。


【SNS各種】
IG:https://www.instagram.com/p/Cg-8ZQBLsmq/
FB:https://www.facebook.com/frweek/
TW:https://twitter.com/frweek

私の選ぶニース伯爵領の料理

南フランスの高級リゾート地ニース。地中海に面し1年を通して温暖な気候のニースは、長らくイタリア文化の接点もあり、建物や食文化についても影響を受けている部分があります。著者が15年前、日本を訪れたとき日本は、フランスとは全く異なる固有の文化を持っていながら、美意識やガストロノミーの面で大変フランスに近いアプローチをしていて、その魅力に強く引きつけられたのです。日本の各地方を旅行すると、そのたびに郷土料理を発見することができました。また、フランスも各地方に固有の優れた食材・料理が存在します。そういう意味で、ニース料理に関する本を書いて、そのルーツやその特性伝えたい思いで、実用的なものにしたいと考えました。
レシピ数は意図的に厳選し、季節によって区分しておりどこから手をつければよいかが分かるようになっています。

著者が12ヵ月分を厳選した料理を紹介。月ごとに文化・歴史を著者の体験・経験や執筆者目線で食文化等についてふれており本文は、材料、作り方、memoの形で、料理についてアドバイス・意見的にワンポイントを入れ、絵で材料を紹介している。

アマゾン公式書籍販売ページはこちら

週刊ホテルレストラン最新号
2022年11月25日号
2022年11月25日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 総売上高から見た日本のベスト “300”ホテル【プ…
【トップインタビュー】
オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國 清三氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE