ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【TAROウェビナーシリーズ 第5回】 ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている? 建築家兼空間デザイナージョンズドッテイア氏に聞く、 企業のブランディングをうまく取り入れた表現方やコミュニケーション手法について
【TAROウェビナーシリーズ 第5回】 ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている?

建築家兼空間デザイナージョンズドッテイア氏に聞く、 企業のブランディングをうまく取り入れた表現方やコミュニケーション手法について

2022年06月20日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【TAROウェビナーシリーズ 第5回】
ラグジュアリープレーヤーは現在どう動いている?

日本でもこれからヒットする傾向にある、デザイン重視のホテル、
リゾート、レストランやプライベートレジデンス等を手がける
建築家兼空間デザイナージョンズドッテイア氏に聞く、
企業のブランディングをうまく取り入れた表現方やコミュニケーション手法について

ATELIER GULLA JONSDOTTIR
創立者兼CEO Gulla Jonsdottir氏(グラ・ジョンズドッテイア)

日時 :2022年6月29日(水) 16時~16時50分
https://jp.surveymonkey.com/r/TARO0629
※講演は英語となります。

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ラグジュアリー層が好んで求めている、ホテル、リゾートやラストランの
 建築、設計、空間デザインや演出とは」

TAROウェビナーシリーズ第5回の登壇スピーカーには、
今話題のアート、デザイン、ハイファッションやトレンドに敏感な客層などに
絶賛の支持を得ているアイスランド出身の建築家兼空間デザイナー
グラ・ジョンズドッテイア氏を迎えます。

彼女の芸術的な周辺環境との調和を基調とした建築物は、
今や世界中のアートやデザイン重視のブッティックホテルから
国際的ブランドの新リゾート、そして最近ではプライベートレジデンスの
オーナーから、途轍もない需要が高まっています。

空間や建物にNature & Sustainability(自然とサスティナビリティ)の要素を
取り入れた表現方法や、その地域の持つ独自性や周辺環境との調和に対する
大切さを伝えるための最適なコミュニケーション手段、またこれらを一体化した
企業ブランディングに繋げて行く大切さなどをジョンズドッテイア氏にお伺いします。

インスピレーションは「nature (自然)」

Gulla氏の建築物は、nature & sustainabilityというメッセージを
現実化(視覚化)した独自の世界観を醸し出すことで
「Environmental work-of-Art (環境をアート化する)クリエーター」としても
世界的に知られています。見る者を虜にする大胆かつ、
包容力のある空間はまるで生命を宿した高貴なジュエリーのよう…

彼女のシグネチャースタイルである、大胆でドラマチックな演出の空間デザインは、
厳しい気候の国アイスランドのひしめく氷河や、短い夏に一気に美しく咲く
アイスランドポピー(ヒナゲシ)などを連想させます。

自然の持つ強さは彫刻のよう、繊細さは詩的に流れていく…
周辺環境との調和を重んじるジョンズドッテイア氏の手にかかると
センシュアルでダイナミックなフォルムなデザインとして形になっていきます。

“ Huffington Post誌に、あの「ザハ・ハディッド」の再来と評されたGULLA氏 ”

建築やインテリア・デザイン、プロダクト・デザイン、
そしてブランド・マネジメントといった分野を、個別ではなく一つの総体として捉える
アプローチが高く評価されています。世界各国の商業プロジェクトや、
ホスピタリティ・プロジェクト、居住空間プロジェクトのデザインを手がけ、
自身による家具の限定コレクションも展開しています。

彼女が持つ自然への深い関心は、自然や周辺建築に呼応するユニークな空間経験を実現し、
そのデザインは常に有機的な美と機能性の融合を、時間を超越した画期的な方法で表現しています。

また、その一方でインテリアや空間デザインも手がけるGulla氏。
今回はアフターコロナの世界でラグジュアリートラベラーが好んで求めている、
ホテル、リゾートやレストランの建築、設計、空間デザインや演出について、
過去のケーススタディを通じてご共有いただきます。そして限られた予算内でも
取り入れられる空間表現術やコミュニケーション手法などをご教示いただきます。

ジョンズドッテイア氏のプレゼンテーションは英語となります。ウェビナーのQ&Aのみ通訳いたします。
皆様からのご質問やご意見は通訳を通して可能な限りリアルタイムに回答いたしますので、お気軽にご参加下さい!


【ウェビナー概要】
 日 時 :2022年6月29日(水) 16時~16時50分
 開 催 :Zoom
 申し込み:以下よりお申し込みください。
 https://jp.surveymonkey.com/r/TARO0629

【ゲストのプロフィール】
ATELIER GULLA JONSDOTTIR
創立者兼CEO
Gulla Jonsdottir氏(グラ・ジョンズドッテイア)

アイスランド生まれ、大学では数学を専攻、南カリフォルニア建築研究所(Sci-Arc)で建築学を学ぶ。
リチャード・マイヤー氏の元、ゲティセンター美術館やビバリーヒルズのガゴシアン・ギャラリーなど、
数々の主要建築プロジェクトに従事。
ウォルト・ディズニー・イマジニアリングでは東京ディズニーシーのプロジェクトに携わり、その後ホスピタリティ・デザイン事務所、ドッド・ミッチェル・デザインのディレクターを9年間勤める。2009年に自らの事務所を設立。

直近の受賞作品は:
「Kimpton La Peer (ウエストハリウッド)」 2022年Conde Nast Traveller・Best Hotels in Hollywood California、
「Esperanza (ロス)」ホスピタリティ・デザイン誌・2020年度高級レストラン・デザイン最優秀賞、「最優秀デザイン事務所リーダー賞」インテリア・デザイン誌2020年度、「最優秀レストラン・デザイン賞」インテリア・デザイン誌が選ぶ2020年度、
「Paz Spa at Cabo Azul (メキシコ)」ゴールド・キー賞ベスト・スパ部門、「The Macau Roosevelt Hotel (中国)」2017年度最優秀リゾートデザイン賞、「Red O (ロス)」エスクァイア誌・年間最優秀デザイン賞レストラン部門、そして「Cabo Azul Resort (メキシコ)」ブティック・デザイン誌・最優秀ホテル・デザイン賞など。

他にも手掛けたプロジェクトは:ハリウッドにあるチャイニーズシアターの改修プロジェクトを始め、
ミシュラン2つ星レストラン、ジャン・フランソワーズ・ピアジェのLe Grand Restaurant (パリ)、
Comal at Chileno Bay Resort & Residences プライベートレジデンス (メキシコ・ロスカボス)、
Hotel G Penthouses (サンフランシスコ)、「オールデイダイニング パーゴラ」名古屋マリオットアソシアホテルなど。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年06月24日号
2022年06月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】DXが実現する、宿泊・外食・婚礼の新しい未来
【トップインタビュー】
(株)ロイヤルホテル リーガロイヤルホテル 執行役員 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
ザ・キャピトルホテル 東急 インテリアタイアップ期間限定のコラボレーション
ザ・キャピトルホテル 東急 インテリアタイアップ期間限定のコラボレーション
2022年5月6-13日号 トップインタビュー ザ・ペニンシュラ東京 執行役員 料飲部 部長 早稲田 友彦 氏
2022年5月6-13日号 トップインタビュー ザ・ペニンシュラ東京 執行役員 料飲部 部長 早稲田 友彦 氏
2022年5月27日号 トップインタビュー 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 総支配人池田 智 氏
2022年5月27日号 トップインタビュー 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 総支配人池田 智 氏
2022年4月15日号 トップインタビュー ホテルインディゴ軽井沢 総支配人 原めぐみ氏
2022年4月15日号 トップインタビュー ホテルインディゴ軽井沢 総支配人 原めぐみ氏
2022年5月20日号 トップインタビュー (株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 李 宏道(Teddy Lee) 氏/(株)ローズホテルズ・インターナショナル 専務取締役 李 宏為(Alex Lee) 氏
2022年5月20日号 トップインタビュー (株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 李 宏道(Teddy Lee) 氏/(株)ローズホテルズ・インターナショナル 専務取締役 李 宏為(Alex Lee) 氏
CLOSE