ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 大和ハウス工業  3月30日、「ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口」をリニューアルオープン
大和ハウス工業  3月30日、「ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口」をリニューアルオープン

大和ハウス工業  3月30日、「ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口」をリニューアルオープン

【週刊ホテルレストラン2022年05月13日号】
2022年05月11日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大和ハウスグループの大和ハウスリアルティマネジメント(株)(本社:東京都千代田区/社長:伊藤光博)は、3月 30日に「ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口」をリニューアルオープンする。同ホテルは 21年に開業 10周年を迎え、同 7月から改修工事を実施しており、その工事が完了した。

 リニューアルに伴い「スーペリアツインルーム」1室と「スーペリアダブルルーム」2室を全面改装。改装後のスーペリアツインルームは、同ホテルのスタンダードな客室(スタンダードシングル16m2)に比べて 2倍の広さとなる32m2。白を基調とした家具や壁紙等を設え、明るい雰囲気の客室に仕上げた。また、16m2の「カジュアルツインルーム」24室も新設。一括管理の空調を個別空調に切り替えやテレビの入れ替えなどの、設備面における大幅なリニューアルも行なっている。

【施設概要】
名称:ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口
所在地:愛知県名古屋市中村区椿町 1-23
アクセス:JR名古屋駅・太閤通口より徒歩 3分
構造:鉄骨造・地上 12階建て用途:1階朝食会場、フロント・ロビー/ 2階会議室/ 2-12階客室 165室
客室構成:スタンダードシングル A(55室/ 16m2)、スタンダードシングル B(29室/ 18m2)、リラックスルーム(2室/16m2)、レディースルーム(5室/ 16m2)、モデレートダブルルーム(2室/ 20m2)、デラックスダブルルーム(4室/23m2)、スーペリアダブルルーム(2室/28m2)、カジュアルツインルーム(24室/ 16m2)、スタンダードツインルーム(40室/ 20m2)、スーペリアツインルーム(1室/ 32m2)、ユニバーサルルーム(1室/25m2)駐車場:5台(宿泊者専用/1泊 1500円)
リニューアルオープン:22年 3月 30日

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月13日号
2022年05月13日号
本体3,300円(税込)
【特集】Beyond SDGs あえて「SDGs」という言葉を忘れよう
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ東京 執行役員 料飲部 部長 早稲田 友彦氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE