ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ホテルニューオータニ 一つの街のようなホテルで暮らす、「新江戸レジデンス」展開
ホテルニューオータニ 一つの街のようなホテルで暮らす、「新江戸レジデンス」展開

ホテルニューオータニ 一つの街のようなホテルで暮らす、「新江戸レジデンス」展開

【週刊ホテルレストラン2022年01月21日号】
2022年01月19日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新江戸レジデンススイート」平面図
「新江戸レジデンススイート」平面図

 ホテルニューオータニ(東京都千代田区)は 12月 9日、全 836室のガーデンタワー内にて「レジデンスインホテル」をコンセプトとした「新江戸レジデンス」を展開することを発表した。
 
 昨今のライフスタイルの多様化とそれに伴う長期滞在ニーズの高まりを背景に、一つの街のようなホテルで暮らすことを表した同コンセプトのもと展開する。また、同ホテルでは 20年夏より長期連泊型宿泊プランを展開しており、ゲストのニーズをもとに客室を新装する。
 
 新設した専用客室は77m2の「新江戸レジデンススイート」と 55m2の「新江戸レジデンスデラックス」の 2タイプを備える。日本古来の文様を図案化したテキスタイルや行灯をイメージした照明など、日本文化ならではの洗練された安らぎを感じられるようデザイン。
 
 設備にはキッチン、冷蔵庫、洗濯脱水乾燥機の設置のほか、モニター付きインターホン(録画機能付き)によるセキュリティの強化や、リビングルームのスペースを大きく確保したつくり。ユニバーサルデザインを採用しており、客室内にはヒノキ風呂も設えられている。
 
 特典として 24時間利用可能でトレーニングルームが設備された「ワークアウトルーム」の利用、パソコンやプリンターを完備した会議室の「ビジネスセンター」の利用、駐車場の 1台無料利用などが備わる。 両客室とも定員は 2名まで、スイートタイプは月額(30泊)280万円〜にて販売する。

 

スイートタイプにはワークスペースやリクライニングベッドを設けた
スイートタイプにはワークスペースやリクライニングベッドを設けた

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月13日号
2022年05月13日号
本体3,300円(税込)
【特集】Beyond SDGs あえて「SDGs」という言葉を忘れよう
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ東京 執行役員 料飲部 部長 早稲田 友彦氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE