ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 世界旅行ツーリズム協議会/Trip.com Group 旅行・観光業界の最新トレンドおよび消費者動向レポートを発表
世界旅行ツーリズム協議会/Trip.com Group 旅行・観光業界の最新トレンドおよび消費者動向レポートを発表

世界旅行ツーリズム協議会/Trip.com Group 旅行・観光業界の最新トレンドおよび消費者動向レポートを発表

【週刊ホテルレストラン2022年01月14日号】
2022年01月12日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 世界旅行ツーリズム協議会(以下WTTC)と Trip.com Groupは 11月 26日、旅行・観光業界の最新トレンドおよび消費者動向レポート「Trending in Travel」を発表した。 WTTCの最新予測では 22年以降の国外旅行支出は大幅に増加すると見ており、世界中で規制が緩和され、ワクチン接種率が上昇する中、22年は国内旅行支出を上回ると予想。

 また、20年に 69.4%減少した世界の国外旅行支出は 21年に 9.3%、22年に 93.8%と大幅に回復する見込みをたて、主要国では 70%の旅行者が 22年の旅行支出額は過去 5年で最高になる予定だと回答している。

 GDPにおいても、旅行・観光業界は急速な回復を見せており、世界の業界全体の寄与額は 21年に 30.7%、22年に 31.7%上昇すると予測している。
加えて、旅行の一時停止により、消費者は持続可能な旅行への意識が高まり、世界中の旅行者の 83%が今後は持続可能な旅行を優先すると回答していた。

 WTTC会長兼 CEOのジュリア・シンプソン氏は「旅行・観光業界は世界のGDPの 10%以上を占めており、これは雇用と経済にとって非常に良いニュースです。一部の国では新型コロナウイルスの影響で地域社会が壊滅的な打撃を受けていますが、このレポートは、ビジネスが本格的に回復しつつあることを示しています」と述べる。


 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月21日号
2022年01月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテル業界 年頭所感 2022
【トップインタビュー】
国土交通省 国土交通大臣 斉藤 鉄夫氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE