ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • SOCIALPORT(株) SDGsの旅行者意識調査、大部分が施設側の取り組みを認識しない結果に
SOCIALPORT(株) SDGsの旅行者意識調査、大部分が施設側の取り組みを認識しない結果に

SOCIALPORT SDGsの旅行者意識調査、大部分が施設側の取り組みを認識しない結果に

【週刊ホテルレストラン2022年01月14日号】
2022年01月12日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宿泊施設特化のトラベルインフルエンサー・キャスティングプラットフォームを展開するSOCIALPORT(株)(本社・東京都港区)は 12月 1日、ホテル・旅館の SDGsの取り組みに関する旅行者意識調査の結果を発表した。

 同調査は 11月15日、同社公式Instagramのフォロワーを対象にオンライン上でアンケートを配信し、20歳〜50歳(この内9割が20〜30代)の107人の回答結果をまとめたもの。 SDGsへの関心度の項目では「関心がある」(51.4%)、「強く関心がある」(27.1%)と全体の約 8割が関心を示した。同調査の回答が若い層が主であったため、若年層のSDGsへの注目がとりわけ高いことが窺える。 SDGsのアクションに関する認知度の項目では「たまにある」(61.7%)、「一度もない」(20.6%)、「よくある」(17.7%)と、各宿泊施設が具体的な取り組みや施策を発信していても、たまに消費者が認識する程度であり、浸透が不十分であることを示した。

 認知している SDGsに取り組むホテル・旅館の施設数の結果では、「1〜5施設」(52.3%)、「0施設」(32.7%)、「6.〜11施設」(10.3%)、「11施設以上」(4.7%)と、多くの施設での SDGsへの取り組みが、消費者へ浸透していない結果となった。

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月21日号
2022年01月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテル業界 年頭所感 2022
【トップインタビュー】
国土交通省 国土交通大臣 斉藤 鉄夫氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE