ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 神戸メリケンパークオリエンタルホテル/流通科学大学 流通科学大学の学生が考案した「デジタルデトックス」プラン販売
神戸メリケンパークオリエンタルホテル/流通科学大学 流通科学大学の学生が考案した「デジタルデトックス」プラン販売

神戸メリケンパークオリエンタルホテル/流通科学大学 流通科学大学の学生が考案した「デジタルデトックス」プラン販売

【週刊ホテルレストラン2021年11月05日号】
2021年11月02日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(兵庫県神戸市)は 10月中旬より、神戸市西区の流通科学大学との産学連携事業として、「デジタルデトックス」をテーマに学生が考案した宿泊プランの販売を開始した。
 
 同プロジェクトはブランドコンセプトの「ホテルが息づく地の文化や魅力と寄り添う」をテーマに、神戸の人と地域とつながり、神戸の街、自然、文化の新たな発見につながる体験価値を発掘し、神戸ならではのアクティビティとしてゲストへ提供することを目指し取り行なわれたもの。   
 同大学の人間社会学部観光学科の学生9名らが、今年4月からスタートした同プロジェクトのもと、「デジタルデトックス」のプラン造成を行ない実際に販売することとなった。

 人間社会学部観光学科特任教授の髙田 宏氏は「神戸にはさまざまな魅力的な観光コンテンツがあります。そこに学生ならではの新たな視点をもった体験が現実のものとなり、ホテルのマーケティングに加え、少しでも神戸の魅力を全国に伝える一翼を担えたとしたら大変うれしく思います。また、違う角度からまた新たな連携へと成長できればと願っています」と述べる。

週刊ホテルレストラン最新号
2021年11月26日号
2021年11月26日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 日本のベスト300ホテル【プロフィール編】
【トップインタビュー】
花巻温泉(株) 代表取締役社長 安藤 昭氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE