ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2021年9月17日号 東京商工リサーチ 令和3年7月の全国企業倒産状況
2021年9月17日号 東京商工リサーチ 令和3年7月の全国企業倒産状況

東京商工リサーチ 令和3年7月の全国企業倒産状況

【週刊ホテルレストラン2021年09月17日号】
2021年09月16日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

負債総額714億6500万円 宿泊業6(前年比1件減)、飲食業59(前年比34件減)

 東京商工リサーチは2021年 7月の「倒産月報」を 2021年 8月 10日に発表した。全国の企業倒産件数は 476件(前年同月比 39.67%減)、負債総額が 714億 6500万円(同 29.11%減)となった。

 件数は 2カ月連続で前年同月を下回った。7月度では 1972年以降の 50年間で1990年の482件を下回り最少を記録した。減少率は 1月の 38.6%減を上回り、2021年最大で、倒産の低水準が際立った。
 
  負債総額も、2カ月連続で前年同月を下回った。7月度では 1973年(525億 800万円)に次ぎ、50年間で 3番目の低水準。倒産減少に加え、負債 10億円以上が 13件(前年同月 24件)、同1億円以上5億円未満も68件(同126件)とほぼ半減した。一方、負債1億円未満は 380件で構成比(79.8%)は今年最大となり、倒産は小・零細規模を中心に推移している。
  
  7月の「新型コロナウイルス」関連倒産は、138件(前年同月比 40.8%増)だった。今年 1月から毎月100件超で推移し、1-7月累計は 903件に達した。この結果、2020年(2-12月)の累計799件を超えた。倒産が低水準で推移するなか、コロナ関連倒産の構成比は次第に高まっている。
  
  産業別は、2カ月連続で全 10産業が前年同月を下回った。飲食業が59件(前年同月比 36.5%減)、医療・福祉事業が 14件(同61.1%減)、飲食料品小売業が 13件(同 35.0%減)と大幅に減少した。地区別は1月・2月・4月に続き、全地区で減少した。
 また、6月度の「人手不足」関連倒産のうち、「後継者難」は 19件(前年同月比 26件)だった。

----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購をお願い申し上げます。
 
2021年9月17日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
----

週刊ホテルレストラン最新号
2021年10月22日号
2021年10月22日号
本体1,650円(税込)
【特集】ニューノーマルのFB 第四弾“教育機関とテクノロジー”
【トップインタビュー】
(株)ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE