ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 中国最大級のスパ業界サミット「Spa China Summit」 日系ホテルスパ初 スポンサー出展
中国最大級のスパ業界サミット「Spa China Summit」 日系ホテルスパ初 スポンサー出展

中国最大級のスパ業界サミット「Spa China Summit」 日系ホテルスパ初 スポンサー出展  世界一長寿国のウェルネスを世界へ

2019年09月19日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルスパ事業を行なう株式会社クレドインターナショナル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:白井浩一)は、中国の西安市「ザ・リッツ・カールトン」で2019年9月9日~11日に開催された中国スパ業界サミット「Spa China Summit 2019 Xi’an」に日系ホテルスパ初のスポンサー出展を行い、当社代表によるパネルディスカッションも開催されました。

サミット12回目、初の日系ホテルスパ スポンサー
「Spa China Summit」は中国最大級のスパ業界サミットで、12回目となる今回は9月に西安市の「ザ・リッツ・カールトン」で開催されました。当社は、日系ホテルスパ初のスポンサーとしてブース出展しました。サミットでは、中国のスパ業界に関連する専門家、経営者、投資家などを対象に、3日間にわたり、スパのプロダクトやブランド、業界動向などの最新情報の発表や講演などが行われました。

中国シェア10%目指す
サミット3日目の9月11日には、当社代表の白井浩一と中国・香港のスパ業界をけん引するトップパーソンを交えたパネルディスカッションや、当社が運営するCIDESCO認定エステティックスクール「クレド スパ & エステティックスクール」校長・日野昭子による講演なども開催されました。

パネルディスカッションでは「中国でジャパニーズスパは成功するか?」という質問が挙がり、白井代表は「和食が世界を席巻したように、世界一の長寿国がつくりあげたジャパニーズスパは、5年後には必ず世界を席巻する。さらに、クレドインターナショナルは、ジャパニーズスパだけでなく、ヨーロピアンスパ、アジアンスパなど5種類のスパブランドを運営しているため、比較や選択が可能。中国でのシェア10%を目標にしている」と回答。沸き立つ会場に、「5年前から中国をリサーチしてきたが、この5年で中国のスパは規模、レベルともに発展している。さらなる発展を実現するには中国のパートナーの協力が必要」と要請しました。一方、ヒルトンホテルグループ中国・モンゴル地域統括マネジャー安蕾氏は「ヒルトングループは、中国に今後1,000ホテルを展開する。セラピスト育成を日本式に行い、中国のスパがより発展するようWin-Winの協力関係を築きたい」と述べました。


当社は、サミットのスポンサーやブース出展、ならびに日本のスパやウェルネスに関する正しい情報提供を行うことで、スパ業界の発展や、サービスの質の底上げなどに寄与してまいります。

詳しくは 
https://www.cred-in.com/news/61/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年10月18日号
2019年10月18日号
本体1,630円(税込)
【特集】「客室清掃」で決まるホテルの品質
【トップインタビュー】
(株)プリンスホテル 執行役員 東京都市圏エリア統括総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE