ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2019年6月28日号 トップインタビュー (株)ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 取締役社長 水村 慎也 氏  街にかかわる人々の声に耳を傾けながら空間とサービスを提供し感動を共有したい
2019年6月28日号 トップインタビュー (株)ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 取締役社長 水村 慎也 氏 

街にかかわる人々の声に耳を傾けながら空間とサービスを提供し感動を共有したい

【週刊ホテルレストラン2019年06月28日号】
2019年06月28日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019 年4 月1 日付で㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツの取締役社長に就任した水村慎也氏は、まちづくりを通じた社会貢献という三菱地所グループの基本使命を背負いながら、ホテル事業によってグループ全体のブランド価値を高める取り組みをさらに力強く進めていこうとしている。

2019 年3 月20 日に開業した「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」を新築第1 号店としてスタートした「THE シリーズ」の新ブランド「キャンバス」など、次の時代のロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが向かおうとしているステージの一端をうかがわせる展開にも注目が集まる。ホテル事業の経営トップとしての意志を水村氏に聞いた。

Profile
水村 慎也 氏
(Shinya Mizumura)

1961年生まれ。84年3月慶應大学法学部卒業後、4月三菱地所㈱入社人事部配属。90年ホテル事業部。95年ホテル・SC事業部(職制変更)。97年休職(㈱横浜ロイヤルパークホテル)。2000年大手町第一営業室。02年大手町営業管理部副長。04年休職(㈱東北ロイヤルパークホテル常務取締役)。07年SC事業企画部副長。08年商業施設開発事業部副長(職制変更)。08年(兼)ビルマネジメント推進室副室長。09年商業施設開発事業部担当部長。(兼)ビルソリューション推進室副室長(職制変更)。10年商業施設開発事業部長(兼務を解く)。14年商業施設営業部長。16年九州支店長(兼)イムズ㈱代表取締役社長。17年九州支店長(兼務を解く)。(兼)三菱地所リテールマネジメント㈱代表取締役副社長執行役員。19年4月グループ執行役員(㈱三菱地所)㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ取締役社長に就任。現在に至る
 
㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
URL: https://www.royalparkhotels.co.jp

 
30 年間蓄積した顧客の信頼を武器に
ホテル事業、観光事業に貢献していきたい
 

❒ 三菱地所グループにおけるホテル事業の役割について、どのようにとらえていますか。

 
 三菱地所グループは「私たちはまちづくりを通じて社会に貢献します」を基本使命に、ブランドスローガンとして「人を、想う力。街を、想う力。」を掲げています。これは街を訪れる人、街に住んでいる人、街で就業している人に向けて充実した環境とサービスを提供していきたいという意志を表したものです。街にかかわる人々の声に耳を傾けながら、よりよい空間とサービスを提供することで感動を共有したい。それが私たちの想いなのです。
 
 三菱地所グループがさまざまな街づくりを進めていく中でブランドスローガンを具現化するという意味において、ホテル事業が担う役割はとても大きなものがあります。三菱地所グループという不動産を主体とした企業連合の中で、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツはそのブランド価値を高めていく存在でなければならないと考えています。


❒ 現在の観光事業、ホテル事業をマクロで見たとき、どのような印象を持ちますか。
 
 私は12 年前、仙台ロイヤルパークホテルに出向していた時期があり、今回ホテル事業に携わるのは実に12 年振りですが、環境の激変を実感しているところです。これほどインバウンドが増加するとは予測していませんでしたし、国内の観光事業も非常に高い水準で好調が続いています。観光事業、ホテル事業については、確かにフォローの風が強く吹いているのだと思います。
 
 その一方で、12 年間という時間の中で企業に求められる社会的責任、コンプライアンスやステークホルダーに対する収益性なども含めて、ホテル事業に求められる役割も変わってきていると思います。そのことにも、より心を配っておく必要があると感じます。
 
 
旅館業法改正を背景に、異業種参入が増えていることについてどのように考えますか。
 
 30 年以上前、第一ホテルに教えていただきながら開業した名古屋第一ホテルを皮切りに、私たちはホテル事業をスタートさせました。私たちもまた、異業種参入によってホテルとかかわるようになったわけです。そして30 年前に日本橋のロイヤルパークホテルがオープンしたことで、三菱地所グループとして実質的なホテル事業の幕が上がりました。
 
 街の再開発を通じて横浜、仙台、汐留にロイヤルパークホテルを創り、さらに「THEシリーズ」へと続いてきました。ホテル事業についてはこれまで非常に厳しい時期もありましたが、「ロイヤルパーク」というブランドを常に大切にしながら開発を進め、運営に取り組んできました。
 
 ホテル事業はポジティブな評価を受けるときもあればネガティブな評価を受けるときもあり、両者の差が激しい産業であると思います。それでも歴史の中で蓄積してきたお客さまとの信頼関係は、何物にも代え難い財産として残っています。
 
 ホテル業界全体が上昇傾向にある以上、異業種参入の流れが強まるのは仕方のないことです。競争が激化する中、私たちとしては30 年間蓄積してきたお客さまからの信頼を武器に、日本のホテル事業、観光事業にますます貢献していきたいと考えています。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE