ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レポート  第25回 エコラボ・コーネル奨学金プログラム授賞式  パーク ハイアット 東京の長谷川努氏が29人目の受賞者に決定
レポート 

第25回 エコラボ・コーネル奨学金プログラム授賞式  パーク ハイアット 東京の長谷川努氏が29人目の受賞者に決定

【週刊ホテルレストラン2019年06月21日号】
2019年06月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

授賞式に出席したコーネル・ホテル・ソサエティ、エコラボ、パーク ハイアット 東京の関係者と前回受賞者が、長谷川氏にそれぞれの体験と励ましの言葉を贈った
授賞式に出席したコーネル・ホテル・ソサエティ、エコラボ、パーク ハイアット 東京の関係者と前回受賞者が、長谷川氏にそれぞれの体験と励ましの言葉を贈った

創業50 年のエコラボ合同会社が1994 年から実施してきたエコラボ・コーネル奨学金プログラムが今年は25 回目を迎え、29 人目の受賞者にパークハイアット東京の長谷川努氏が選ばれた。5月14 日にパーク ハイアット 東京での授賞式はすべて英語で行なわれた。

 
 ホスピタリティー業界で働く志の高い人にとって「エコラボ・コーネル奨学金プログラム」に選ばれてコーネル大学ホテル経営学部の「プロフェッショナル・ディベロップメント・プログラム(PDP)」を受講できることは夢をかなえる階段の一つになっている。

今年の受賞者の長谷川努氏もホテリエとして研鑽を重ねながらいつかはコーネル大学で学びたいと、今年、47 人の応募者の中から書類選考、面接を突破して29 人目の受講者に選ばれた。

「将来総支配人になるためにコーネル大学のPDPで学ぶことは人脈を広げるために必須」という熱いアピールをして面接者に強く訴えた。東海大学在学時、飲食業でアルバイトしたときにこれからは英語が肝になると覚悟し、カナダ留学を重ね、現地でウエーターとしても働き語学の研鑽に励み、TOEICも高得点を獲得。
パーク ハイアット 東京入社後はフロントやアブダビでの海外勤務を歴任、実務もこなしてキャリアに磨きをかけて来たから実力、やる気は充分だった。
 

堂々たる英語のスピーチで留学の抱負を語る長谷川努氏

週刊ホテルレストラン最新号
2019年11月22日号
2019年11月22日号
本体1,630円(税込)
【特集】本誌独自調査  総売上高から見た 日本のベスト“300”ホテル …
【トップインタビュー】
(株)東京會舘 代表取締役社長 渡辺 訓章 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE