ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 淳  カスタマーを見よ、発想を変えよ、パラダイム転換こそがホテルウエディング復活の近道  第58 回  パーティーのクオリティは「進行」と「空間」で決まる
第58 回 伊藤 淳  カスタマーを見よ、発想を変えよ、パラダイム転換こそがホテルウエディング復活の近道 

第58 回  パーティーのクオリティは「進行」と「空間」で決まる

【週刊ホテルレストラン2019年05月17日号】
2019年05月17日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 淳 氏
クラリス ウエディング ブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長

〈プロフィール〉1997 年より㈱リクルートのゼクシィ事業部に8 年間在籍。ゼクシィ「茨城・栃木・群馬版」の立ち上げ責任者を経て、ホテルウェディンググループゼネラルマネージャーに就任。2005年退職し、「クラリスウェディングプランナースクール」を創設、第一線で活躍できるウエディングプランナーの育成に携わる。07 年に㈱リクルートと共同で現役プランナー向け研修を生み出し、ウエディングの打ち合わせオペレーションの改革を提唱する「明日からウエディング」を考案。さらにプランナーだけにとどまらず、ウエディング業界全体の活性化のためジュエリー業界のスタッフや現場キャプテンのトレーニングにも力を注いでいる。

 
 最近ホテルの皆様とのお話の中で、今夏開催されるラグビーワールドカップへの対応が多くなってまいりました。そしていよいよ現実味を帯びてきた東京オリンピック。新国立競技場をはじめ選手村や湾岸の各施設も完成に向けてのカウントダウンが始まったように感じます。SNS 全盛の時代にオリンピックはまさに世界に向けたPR の恰好の場だと思っています。日本の、そして東京の魅力を選手や観戦で訪れる観光客を通じて世界中に拡散してほしいものです。
 
 さて今回の発想を変えるポイントは「進行」です。前回まで書かせていただいた「料理」よりももっと令和の時代には多様性に対応できる状態にしなくてはならないと感じています。「料理」同様に「進行」もここ30 年あまりで全国的に画一化されてしまった要素かもしれません。ウエディングが「文化」から「ビジネス」へ変遷する中で、時間の制限がかかるようになり「進行」に制約が生まれていきました。わたしも日本全国の会場を訪問して、そのエリアの会場の進行表を見て回りますが北海道から九州まで見事にほぼ同様な進行プログラムが組まれています。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE