ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所が生産設備増強。ウイスキー需要拡大に対応
酒のSP

キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所が生産設備増強。ウイスキー需要拡大に対応

【週刊ホテルレストラン2019年03月01日号】
2019年03月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キリンビール㈱(東京都中野区、布施孝之社長)のグループ会社であるキリンディスティラリー㈱(静岡県御殿場市、梶尾伸明社長)が、同社が運営するキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所(静岡県御殿場市)のウイスキー生産設備の増強を2月7日に発表した。
 
 将来のさらなるウイスキー販売数量増加に備えて、多様なモルトウイスキー原酒を製造するための発酵・蒸留設備を新設。
小型の発酵タンク4基、蒸留器2系列4基を導入する。また、樽熟成庫のリニューアル・大型化などにより、樽の保管能力を約2 割増強する。
稼働開始時期は2021年6月を予定。
 これらの増産体制の整備に対して、同社は80億円を投資し、将来にわたるウイスキーの安定供給を目指すとしている。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年06月14日号
2019年06月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテル開発トレンド 2019
【トップインタビュー】
ザ・キタノホテル東京/ニューヨーク(北野合同建物㈱) 代表…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE