ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • マリオット・インターナショナル  スタイリッシュな『アロフト東京銀座』2020年に日本初上陸
マリオット・インターナショナル 

スタイリッシュな『アロフト東京銀座』2020年に日本初上陸

2019年01月24日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 大胆でモダンなデザインのアロフト東京銀座は新築にて2020年春にオープンを予定し、より充実した体験や進化するテクノロジーを取り入れ、他にないデザインを誇る次世代型セレクトサービスブランドとして、日本初進出を飾るとしている。
 
マリオット・インターナショナル アジア太平洋 最高開発責任者、ポール・フォスキー氏 コメント
「サンケイビルとパートナーを組み、アロフト東京銀座の2020年開業によりアロフトブランドを日本へ初進出させることができ、大変嬉しく思います。日本のインバウンドは毎年増加しており、刺激的なアーバンデザインと無敵とも言える都心の好ロケーションがあれば、手頃な価格で各地を飛び回り、活気あるソーシャルシーンを求める次世代旅行者にはうってつけだと考えます」
 
 16階建ての同ホテルは、4室のスイートを含む全206室を有する予定だ。
 アロフトブランドのDNAであるハイテクを取り入れ、客室ではゲストのスマートフォンやApple Watchをルームキーとして使え、従来のルームキーを必要としないキーレスシステムを採用する。
 
 アロフト東京銀座では、ゲストが楽しんで利用できる飲食のオプションを取り揃えている。セミオープンキッチンをコンセプトとするThe Warehouse(ザ・ウェアハウス)では、幅広いビュッフェ形式の食事を提供する。
 
 また、アロフトブランドの代名詞であるW XYZ® バーでは、ゲストがシグネチャーカクテルや同ブランドの「Live At Aloft Hotels」プログラムの一環であるライブ音楽を楽しむ間、他のゲストとの会話や交流を楽しめる。
 
 そしてRe:fuel by Aloftでは、外出先に便利に持ち出せる軽食や飲み物を提供する。

 
 都内を見て回った一日の終わりにリフレッシュしたいゲストには、同ホテルのフィットネスセンターであるRe:chargeを用意している。
 
(株)サンケイビル 代表取締役社長 飯島 一暢 氏 コメント
 「本プロジェクトは、当社にとって大変重要なものです。マリオット・インターナショナルとともにデザイン性が高くハイテクなブランドを日本へ上陸させることができ、誠に光栄です。当ホテルが、自分自身を表現し、人々と交流し、そして東京を楽しみたい旅行者たちを魅了することを願っています」
 
 首都東京の中でも高級エンターテイメントやショッピング、ダイニングが立ち並ぶ銀座に位置する同ホテルは、銀座駅および東銀座駅双方から徒歩5分以内となる。
 また、東急プラザやGINZA PLACE(銀座プレイス)、近年オープンしたGINZA SIX(ギンザ シックス)などの人気施設からも徒歩圏内にある。
 
アロフトブランドに関する詳しい情報
https://aloft-hotels.marriott.com/
 

アロフト・ホテルについて
マリオット・インターナショナルが20の国と地域に150軒以上のホテルを展開しているアロフト・ホテルは、従来のホテルブランドとは一線を画すアプローチをテーマにしている。
デザインでの差別化を図り、常時ネット接続を"ON"にしている次世代のお客様にぴったりの、テクノロジー志向で活気ある現代的なホテルライフを提供している。
詳細は www.alofthotels.com を参照。
また、Facebook(@alofthotels)、Twitter(@AloftHotels)、Instagram(@alofthotels)でも情報発信している。
アロフトは、業界の受賞歴あるロイヤリティプログラム、マリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に参加しています。
3つのプログラムは共通の特典内容のもと運営され、会員の方は130の国と地域に展開する6,700軒以上のホテルを含む29ブランドのロイヤリティポートフォリオのもと、無料宿泊のためのポイント獲得、よりスピーディーなエリートステータスへの昇格、シームレスにポイントの獲得や交換が可能となる。

無料会員登録やプログラム詳細
members.marriott.com
 
マリオット・インターナショナル
https://www.marriott.com/default.mi
 
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年02月15日号
2019年02月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】サンサンかがやく職場作り
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラパリ 総支配人 カーチャ・ヘンケ 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE