ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP Seafood from Scotland 特別編 エディンバラ産クラフトジンと カクテル紀行
酒のSP

Seafood from Scotland 特別編 エディンバラ産クラフトジンと カクテル紀行

【週刊ホテルレストラン2019年01月11日号】
2019年01月11日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サマーホール蒸留所が進める“ ボンベイレシピ” をもとにしたジンづくり。樽熟成によるジンのトライアルや、古い消防車を使ったラッピングカーなど個性が光る
サマーホール蒸留所が進める“ ボンベイレシピ” をもとにしたジンづくり。樽熟成によるジンのトライアルや、古い消防車を使ったラッピングカーなど個性が光る

エディンバラ市内で150 年ぶりのジン蒸留所は、スパイス香るボンベイレシピ

 
 海のエコリーダー、欧州屈指の海産物の産地として、サーモンやサバ、ラングスティーヌなどを取材した2018 年のスコットランド。英国やスコットランドの食事情は、ほかの産業同様に近代化している。この行程で立ち寄ったのが、エディンバラで「PICKERING’S GIN」(ピッカリンジン)を生産するサマーホール蒸留所だ。
 
 英国では、長らく禁じられていた1800ℓ以下の蒸留器によるジン製造が2009 年に解禁。少量生産が可能となり続々とジン蒸留所が現れた。こうした動きの中で13 年に創業したこの蒸留所は、スコットランドの首都エディンバラに150 年ぶりにできたもの。獣医学を教えていた大学の跡地で、小さなアトリエやギャラリー、劇場が入居する中にできた小さな蒸留所だ。
 
 サマーホール蒸留所で造るジンは、インド・ムンバイのマウントメアリーから1947 年に伝わった“ボンベイレシピ”に基づいている。ジュニパーベリー、コリアンダー、クローブ、アニス、フェンネル、カルダモン、レモン、ライム、シナモンを用いて、500ℓの銅製の蒸留器で精製する。このレシピをベースにした「PICKERING’S 1947」や、57 度の「NavalStrength Gin」のほかにスロージンやグレープフルーツ風味のジンリキュール、スコットランド各地のウイスキー樽による熟成ジンなども生産しており、17年の生産量は全部で25 万本。オーダーメイドによるジン造りも受注しており、エディンバラのホテルにオリジナルのジンを提供。日本限定モデルも提案している。現在は17 カ国に輸出しており、中国では「Seafood Pickering’s Bar」を営業している。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月20日号
2019年09月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】「HOTERES EXPO 2019」開催 インバウンドねらいの供給過剰市場…
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ北京 総支配人 ヴィンセント・ピモン 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE