ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • (株)プリンスホテル 志賀高原プリンスホテル  訪日外国人旅行者を中心としたコミュニケーションラウンジ「KATALIVA」を新設 2019年5月5日(日)の宿泊まで
(株)プリンスホテル 志賀高原プリンスホテル 

訪日外国人旅行者を中心としたコミュニケーションラウンジ「KATALIVA」を新設 2019年5月5日(日)の宿泊まで

2018年11月28日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 志賀高原プリンスホテル(所在地:長野県山ノ内町志賀高原焼額山 支配人:若林陽一 氏)は、2018年12月21日から東館の2018-2019シーズンの宿泊営業を開始するにあたり、訪日外国人旅行者を中心としたコミュニケーションラウンジ「KATALIVA」を新設すると発表した。
 
 これまでアフタースキーにゲスト同士で気軽に語り合う場所のニーズがあり、ゲストがそれぞれ志賀高原の雪を語り、コミュニケーションを図っていただくことを目的に、ロビーのレイアウトを変更した。
 
 2017年の外国のゲストの来訪は、台湾や、オーストラリア、中国を中心に約2割増加など外国からのゲストも増えており、ゲストどうしでのさまざまな会話を楽しむ機会が増えている。
 
 同社は客室でのそれぞれの時間を楽しむことはもちろん、ホワイトシーズンの志賀高原をさまざまなゲストと会話をする機会を持つことで多様な交流の場を提供したいと考えたとしている。
 
【志賀高原プリンスホテル ロビー「KATALIVA」】
◆内容
・売店スペースにレンタルも加えて1つの場所に統合し、利用のゲストに対応できるようにしました。
・スキーイン・スキーアウトを容易にするロッカーの配置を見直し、外の景色の窓を生かしたソファーの再配置を行なった。
・変更に合わせ売店の営業時間変更や、自動販売機に地元商品なども加えた内容に見直し会話を楽しめるようにした。
・テレビモニターを設置し、スキー・スノーボードのムービーや志賀高原の四季の写真などを展示する。
 
■志賀高原プリンスホテル年末年始(12/28(金)~1/2(水))の予約は電話・WEBで下記の通り開始する。
9月8日・12:00NOONから/電話=0269-34-3111
 
■志賀高原 焼額山スキー場
志賀高原は長野県の北に位置し、群馬県草津町との境に18のスキー場、48本のリフト、ゴンドラを有する日本最大のウィンターリゾート。1983年に開業した志賀高原 焼額山スキー場は、その北西、焼額山(標高2,009m)の東斜面に位置し、1998年長野冬季オリンピックが開催されたコースをはじめ、すばらしい景観と自然の地形を生かしたゲレンデにゴンドラ2本、リフト3本を備えております。
 
志賀高原プリンスホテル

週刊ホテルレストラン最新号
2019年05月17日号
2019年05月17日号
本体3,200円(税込)
【特集】「ウェルネス」産業が成長トレンド
【トップインタビュー】
㈱近鉄・都ホテルズ 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス 総支…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE