ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 湯浅 太 氏登壇 12月14日開催! ホテルプロフェッショナル向け 「独立系中小規模ホテルF&B部門再生セミナー」in沖縄
湯浅 太 氏登壇 12月14日開催!

ホテルプロフェッショナル向け 「独立系中小規模ホテルF&B部門再生セミナー」in沖縄

2018年11月27日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【ホテレス料飲セミナー】
沖縄で開催!
ホテルプロフェッショナル向け
「独立系中小規模ホテルF&B部門再生セミナー」in沖縄
 
ホテルで一番悩ましい料飲部門の再生手法
 
オータパブリケイションズ主催 スマイル・エフラボ共催
講演:マストインターナショナル(株)代表取締役 
湯浅 太 氏
日時:2018年12月14日(金)13時30分~17時00分(受付13:00)
場所:ホテルロワジール那覇
住所: 沖縄県那覇市西3丁目2-1  
 ゆいレール旭橋駅より徒歩15分
 
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
現在の多くのホテルにとって料飲部門の再生が急務のホテルは少なくないはずです。
 
大きな宴会場とレストランを持つホテルが、
以前は宴会、婚礼の売り上げが今の3 ~ 4 倍あったんだけど今は…
レストランも昔はたくさんのお客さまでにぎわっていたのに今は...
 
以前とは違い増収、利益確保が難しい宴会場、料飲施設が多く設置されていて、
宿泊部門の売上がよく、肩身の狭い思いをしている料飲部門が多いのではないでしょうか。
 
そのような状況で苦しんでいる多くのホテルの特徴として、
ハードや商品だけではなくスタッフたちもあまり変化を好まず、
何かを変えて今の時代に合ったものをという考えにはなりにくいです。
 
そのため、せっかく若いスタッフが入ってきても長続きせず退職してしまう。
こんな最悪なスパイラルから抜け出さない限りホテルが再生することは難しいです。
 
売り上げ、利益の高いホテルのレストランスタッフはホテルに対してのロイヤリティも高くやりがいも感じ離職率も低くなり、
それはホテル全体にも波及することは言うまでもないことです。
 
今回のセミナーは
外資系、国内大手チェーンや全国の独立系中小規模ホテルなどあらゆる、
ホテルの規模や業態にマッチしたコンサルティングを行なってきた
マストインターナショナル(株)代表取締役 湯浅 太氏が、
ホテルのオペレーションに役立つF&B 部門の再生手法をご説明していきます。
 
〈コンテンツ〉
料飲部における
・マーケティング(競合・自社分析、コンセプト、顧客満足度、顧客管理)
・儲かるメニュー作成フロー(レシピ、原価管理、在庫管理、購買手法、分析、メニュー策定)
・人件費管理(人件費率管理、FTE管理手法、業務分析、適正人件費分析)
の3つについて再生ヒント、ノウハウを多数ご紹介致します。
 
〈プログラム〉
13:30~14:30 基調講演 マストインターナショナル湯浅太氏
14:30~14:50 ㈱スマイル「チリ初のウルトラ・プレミアム・ピノノワール」ミニセミナー
14:50~15:10 ㈱エフラボ 「飲食店向け内装改革」
15:10~16:10 F&Bテクニカルヒント紹介 マストインターナショナル湯浅太氏
16:10~16:40 質疑応答、名刺交換会
17:00 閉会撤収

マストインターナショナル(株)
代表取締役 湯浅太氏
【プロフィール・略歴】  
アメリカペンシルバニア州立大学でホテル経営学部を学び、東京のシティホテルで現場を経験したのち、ベトナム、ミャンマーでホテル開発、運営に携わる。30 歳でHMI グループ、ホテルパールシティ神戸(380 室)の総支配人に就任。また北九州、京都の同ホテルの総支配人を兼任。33 歳でホテルチェーン運営会社の取締役に就任。全国規模であらゆるタイプのホテル、旅館の再生にかかわり数多くの実績を残す。その後ベンチャーホテル運営会社の取締役運営統括本部長(COO)に就任し6 施設の統括を行なう。また若い総支配人を育てるべくマネージメントスクールなどを行なう。2009 年9 月同社退任後、同年10 月にマストインターナショナル(株)の代表取締役に就任。大阪学院大学ホスピタリティ経営学科講師、厚生労働省・ホテル産業職能評価制度審査員2010 年30 回にわたり本誌で「中小規模ホテルのGM 講座」を連載、2012 年3月には「プロフェッショナルホテルマネージャー」を出版。現在はその第二弾として「独立系中小規模ホテルF&B 部門再生手法」を現在連載中。ホテル・旅館再生事業、事業評価、AM、CS調査、マネジメント研修 を主に行なう

【セミナー概要】
日時:2018年12月14日(金)13時30分~17時00分(受付13:00)
場所:ホテルロワジール那覇
住所: 沖縄県那覇市西3丁目2-1  
 (ゆいレール旭橋駅より徒歩15分)
参加費:無料
対象: ホテル運営企業もしくはホテルオーナー企業にご所属の方 限定
 
問い合わせ:編集部 義田 (03-3805-2558)
 
次回大阪:1月18日 予定
(約1ヶ月前に告知致します)

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE