ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • FROM THE PUBLISHER ——太田 進—— “縛る”か“生かす”か
FROM THE PUBLISHER ——太田 進——

“縛る”か“生かす”か

【週刊ホテルレストラン2018年11月09日号】
2018年11月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 カジュアルからラグジュアリーまで、あらゆるセグメントでホテルやレストラン間の競争が激しくなっている現在、“人の力”を生かす土壌づくりができているかどうかは勝者と敗者を明確に分けるだろう。
 
 先日、小誌編集長があるホテル企業の新規ホテルに総支配人として着任予定の方から情報交換をしたいと相談を受けたため会ったところ、そのタイミングで居合わせた彼の上司も同席をし、さまざまな話をしたそうだ。そこで気になったのは、質問をして新総支配人が答えるたびに、その内容が問題なかったかを気にするかのように上司の方を振り返って、顔色をうかがうような素振りを見せたことだという。これから新しいプロジェクトを進める人間だから、彼自身がさまざまな決断をしなければならないシーンもあるだろう。今のような姿勢でそれが本当にやり切れるのか、不安を感じたというのだ。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE