ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP カクテル、食後酒の幅が広がる 北欧産スピリッツ。ウイスキーも
酒のSP

カクテル、食後酒の幅が広がる 北欧産スピリッツ。ウイスキーも

【週刊ホテルレストラン2018年10月12日号】
2018年10月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回生産400 本
北欧のハンドメイドライウイスキー
 
 北欧のスピリッツを見直してみる気はないか。フィンランドのヘルシンキ・ディスティリング(The Helsinki Distilling Company、以下HD) のドライジン、その名も「ヘルシンキ ドライジン」は国際的なスピリッツ・コンペティション「DESTILLE BERLINE」で2016 年に金賞とSpirits of the year を受賞。17 年以降も金賞を取り続けている。フィンランド産のリンゴンベリー(コケモモ)やジュニパーベリー、スペイン産のレモンとオレンジのピール、そしてフェンネルやコリアンダー、オリスルート、セイヨウトウキの根にバラの花も使用した華やかなジンは、時に「北欧の森のような香り」と評される。このHD はヘルシンキで上質なウイスキー造りを志して設立された新興蒸留所で、ジンのほかに、ジンに用いるボタニカルを強調した各種のリキュールなどを生産してきた。彼らにとっての念願であり、初めてのウイスキーが9 月20 日、ジャパンメディアセールス(静岡県島田市、田中 幸之祐代表)によって日本でお披露目された。ライ麦麦芽を原料としたウイスキーのファーストバッチはアメリカンオークの新樽で3 年の熟成を経た。ボトリングまでハンドメイドによるウイスキーには樽番号やボトルナンバーも記載されており、初回生産がわずか416 本だということが分かる。
 
 原料由来のライトな味わいと軽やかに抜けていく熟成香が、この原酒が長期的な熟成を経てどう変化していくのか、また異なる樽による熟成ではどのように収斂されていくのかなど、何かと興味が広がる北方のウイスキーだ。日本への流通は30 本。発売間もなくの売り切れが予想される。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE