ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 社団法人全日本シティホテル連盟  7月の客室利用率調査—全国平均は82.7%(前年同月比0.9ポイント減)
社団法人全日本シティホテル連盟 

7月の客室利用率調査—全国平均は82.7%(前年同月比0.9ポイント減)

【週刊ホテルレストラン2018年09月21日号】
2018年09月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本シティホテル連盟(220 ホテル・3.2 万室加盟)による18 年7 月の客室利用率調査がまとまった。それによると、全国平均は82.7%で前年同月比0.9 ポイント減となった(回答ホテル数116 件)。
 
 地域別に見ると、利用率が最も高かったのは北海道の89.6%、次いで関東の86.6%、東海の83.9%と続く。
 
 前年同月のよりも利用率が上昇した地域は、中国の8.3 ポイント増、九州の3.9ポイント増、次いで北海道の1.2 ポイント増などである。また、今回四国は報告ホテルがなかった。
 
 前年同月よりも利用率が低下した地域は北陸の13.8 ポイント減、東北と近畿の3.3 ポイント減、関東の2.4 ポイントなどが並ぶ。
 
 また、2008 年以降、7 月の稼働率が最も高かったのは15 年の85.2%、次に高いのは16 年の83.8%であった。
 
※図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
週刊ホテルレストラン ご注文フォームはこちら
 
電子版(ブラウザ閲覧PDF)購入はこちら

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月19日号
2018年10月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】バスアメニティの新たな潮流
【トップインタビュー 】
ラッフルズ シンガポール 総支配人 クリスチャン・ウエストベ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE