ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! 「ここが変われば、ホテルウエディングは必ず再生する」 第41回  マーケティング編
第41回 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! 「ここが変われば、ホテルウエディングは必ず再生する」

第41回  マーケティング編

【週刊ホテルレストラン2018年07月13日号】
2018年07月13日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 淳氏
クラリス ウエディング ブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長
〈プロフィール〉1997 年より㈱リクルートのゼクシィ事業部に8 年間在籍。ゼクシィ「茨城・栃木・群馬版」の立ち上げ責任者を経て、ホテルウェディンググループゼネラルマネージャーに就任。2005年退職し、「クラリスウェディングプランナースクール」を創設、第一線で活躍できるウエディングプランナーの育成に携わる。07 年に㈱リクルートと共同で現役プランナー向け研修を生み出し、ウエディングの打ち合わせオペレーションの改革を提唱する「明日からウエディング」を考案。さらにプランナーだけにとどまらず、ウエディング業界全体の活性化のためジュエリー業界のスタッフや現場キャプテンのトレーニングにも力を注いでいる。

 
 私がこのコラムを書いている日は、サッカーワールドカップロシア大会の真只中です。スポーツを通じて国と国とが正々堂々と勝負をするこのような機会は平和の象徴なのだとあらためて感じています。最後まで勝ち続けられる国(チーム)はたった一つ。目標は高くその頂きを目指して頑張って欲しいです(このコラムが皆様に届くころにはきっと結果は出ているでしょう)。
 
 さて、今回は「ここが変われば、ホテルウエディングは必ず再生する」マーケティング編です。ホテルのマーケティングで変わらなくてはいけないと感じる点は大きく2 点あります。1 点目はホテルにおける若年層(20 歳代~ 30 歳代)に対するマーケティング戦略を見直すべきという点です。2 点目はウエディングのマーケティングはホテルのマーケティングとは別もの。独立して戦略構築した方が効果的であるという点です。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月14日号
2018年09月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE