ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 森トラスト、ヒルトン・グランド・バケーションズ、ヒルトン  『(仮称)沖縄瀬底プロジェクト』着工。ホテルとタイムシェア・リゾートによる滞在型リゾートを開業予定
森トラスト、ヒルトン・グランド・バケーションズ、ヒルトン 

『(仮称)沖縄瀬底プロジェクト』着工。ホテルとタイムシェア・リゾートによる滞在型リゾートを開業予定

2018年06月26日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒルトン・グランド・バケーションズ
ヒルトン・グランド・バケーションズ

ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)
ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)

 
 計画地は、沖縄本島の本部(もとぶ)半島から瀬底大橋でつながる瀬底島の西端に位置し、美しいサンセットビューと国内屈指の透明度で知られる全長約800mの瀬底ビーチに面している。周辺には人気観光スポットの沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館や、世界遺産である今帰仁(なきじん)城跡があり、大型クルーズ船に対応した旅客施設の整備が予定されている本部港にも至近であることから、沖縄を代表する観光エリアとして、将来のさらなる発展が期待されている。
 
 同計画は、森トラストが開発を担当し、ヒルトンが約300室のホテルを運営、ヒルトン・グランド・バケーションズが132室のタイムシェア・リゾートを所有、運営するもので、ホテルについては2020年、タイムシェア・リゾートについては2021年の開業を予定している。
 
 ホテルおよび、タイムシェア・リゾートは、いずれも視界をさえぎるものがなく、 美しい海を一望出来る全室オーシャンビューとなっており、海に沈む夕日を楽しむことができる。ホテルには2つのレストランとラウンジ、バー、チャペル、会議室、スパ、フィットネス施設、ビーチハウスなどを備え、また、タイムシェア・リゾートでは、各部屋にキッチンを完備し、専用プールなどリゾート内の全施設が利用できるなど、国内外のさまざまな方々に快適な滞在を提供するとしている。
 
 2017年の沖縄県の入域観光客数(*1)は939万人(前年比9%増)と、5年連続で過去最高を更新した。今後、沖縄が世界水準のリゾートとしてさらに発展するためには、短期滞在から長期滞在までさまざまなゲストを迎ることが必要であるといわれており、同計画によって多様な滞在需要の受け皿を整備することで、沖縄の観光産業のさらなる発展に貢献していくとしている。
 
*1 沖縄県「沖縄県入域観光客統計概況」より

 
(仮称)沖縄瀬底プロジェクト 概要
【敷地概要】
・所在地 沖縄県国頭(くにがみ)郡本部町字瀬底名宜志原(なきしばる)2118-1他(地番)
・敷地面積 133,791㎡(隣接地含む全体敷地面積335,131㎡)
 
【計画概要】

【計画地周辺地図】

森トラスト株式会社
 
ヒルトン・グランド・バケーションズ株式会社(NYSE:HGV)
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE