ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する! 第41回 Marketing №3 マーケティング №3
第41回 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する!

第41回 Marketing №3 マーケティング №3

【週刊ホテルレストラン2018年06月15日号】
2018年06月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹
〈Profile〉1954 年福井県生まれ。五十嵐マネジメント・サポート代表。大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。その後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を元にプロの経営者としての道を歩む。2005 年㈱ジャパンフードシステムズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08 年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12 年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインターナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)に就任し各社の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。http://www.igarashi-ms.co.jp/

三つの基本ターゲット
 プロモーション分析の二つ目は、三つの基本ターゲットです。一般的にターゲットとは、的、標的、目標という意味ですが、マーケティングやプロモーションにおけるターゲット分析も同じことです。つまり、攻めるポイントを具体的に設定することで効果的な販促活動を展開してゆこうということです。それは、今までのような活動ではお客さまを獲得できなくなってきているためです。例えばチラシ販促です。3 ~ 4 年前のチラシ販促では、2 ~ 3%あった回収率が今では1%以下の回収率といった状況です。こうなってくると、費用対効果がかなり難しくなってきます。つまり、販促に掛けた経費が、その企画から得る利益の中から出すことができないということです。そこで必要になってくるのが、ターゲットを分析することで効果的な販促活動を展開することです。販促活動では、この基本的な考えが重要になってきます。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月14日号
2018年09月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE