ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • パーク ハイアット 東京  新総料理長 ロナン カドレル(Ronan Cadorel)氏 就任
パーク ハイアット 東京 

新総料理長 ロナン カドレル(Ronan Cadorel)氏 就任

2018年05月21日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 パーク ハイアット 東京では2018年5月1日、総料理長としてロナン カドレル(Ronan Cadorel)氏が就任した。ホテル内レストラン、バー、ショップから宴会やウエディングにいたるまで、パーク ハイアット 東京がお贈りする“食”のすべてを統括し、上質かつ独創的なダイニング体験を提供していくとしている。

 
 フランス出身のシェフ カドレル氏は調理師学校卒業後、南仏ヴァンスでジャック マキシマン氏のもとで料理人としてのキャリアをスタートした。その後、アニー フェオルド氏率いる「エノテカ ピンキオーリ」(伊フィレンツェ)はじめ、「オ トゥル ガスコン」(仏パリ)、「ダニエル ブルー」(米ニューヨーク)や「ゴードン ラムゼイ」(英ロンドン)などの名だたるダイニングで研鑽を積んでいる。 
 
 2015年、モロッコの「ハイアット リージェンシー カサブランカ」総料理長としてハイアットへ入社。世界各国を舞台にトップシェフのもとで培った感性と技術、多様な食文化に触れることで習得した深く幅広い知識が高く評価され、今回「パーク ハイアット 東京」総料理長として抜擢された。
 
 彼の哲学は、食材が奏でるハーモニーを見出し、シンプルで豊かな味わいを大切に、料理で物語を紡ぎ出すことに集約するとしている。

 
「食材と真摯に向き合い、美しいストーリーを伝えるような料理を目指して力をそそいでいます。アジアでのチャンレンジはもちろん、パーク ハイアット 東京のチームと一丸となって働き、日本の高品質な食材から受けたインスピレーションで新たなレシピを創出することを心から楽しみにしています。また、日本の文化と食の探求にも心躍る日々です」(カドレル談)

 
総料理長 ロナン カドレル氏(Ronan Cadorel)
フランス生まれ。調理師学校卒業後、ラセール(パリ)、ジャック マキシマン(フランス、ヴァンス)、エノテカ ピンキオーリ(フィレンツェ)、オ トゥル ガスコン(パリ)、ダニエル ブルー(ニューヨーク)などで経験を重ねる。
2007年8月  ゴードン ラムゼイ(イギリス、ロンドン)副料理長、その間ヴェルサイユの トリアノン宮殿内レストラン開業にも携わる。
2008年8月 クラウン プリンス パレス(カタール、ドーハ)総料理長
2011年9月 ギンザ プロジェクト(ロシア、モスクワ)総料理長
2012年5月 レストラン オーデック(フランス、ルゼ)総料理長
2015年1月 ハイアット リージェンシー カサブランカ(モロッコ)総料理長
2018年5月 パーク ハイアット 東京 総料理長に就任
 
パーク ハイアット 東京

 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月12日号
2018年10月12日号
本体1,600円(税込)
【特集】諦めるのはまだ早い! ウエディング集客アップ術
【トップインタビュー】
SCHMATZ(カイザーキッチン㈱) 創設者&最高経営責任者 クリ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE