ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 追悼特集 Ⅱ 『骨の髄までホテルマン』加藤敬三のホテルマン人生とは 走り抜いたホテルマン人生の軌跡
追悼特集 Ⅱ

『骨の髄までホテルマン』加藤敬三のホテルマン人生とは 走り抜いたホテルマン人生の軌跡

【週刊ホテルレストラン2018年05月11日号】
2018年05月11日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 日本のホテル業界は、戦前・戦後でその趣を異にする。戦前には東京など大都市にホテルが開業、その利用は外国人が多くを占め、日本人の利用は貴族や政治家など限られたものであった。戦後、この流れが大きく変化しバイヤーズホテルと呼ばれる一部のホテルの営業再開から、最初のホテルブームとなった1964(昭和39)年、東京オリンピック開催時期へとつながっていく。この時期、コンチネンタル、そしてフェヤーモントホテルという英国調の雰囲気を漂わせる独特のホテルからホテルマン生活をスタートさせた加藤敬三。その後、大阪ホテルプラザを経て、ホリデイ・イン南海での総支配人時代まで、まるで疾走するオオカミの如くホテルマン人生を謳歌する。自らの著書『骨の髄までホテルマン』の秘められたエピソードを交え、加藤敬三と縁のあった人々の哀悼である。
 
----
本記事は特集の紹介記事です。
HOTERES 2018年5月4・11日号、また氏の著作『骨の髄までホテルマン』はこちらでお買い求めいただけます。
 
『骨の髄までホテルマン』amazonサイト
 
電子版購入はこちら
 
----

Contents
追悼文寄稿
●跡見学園女子大学観光コミュニティ学部 教授 松坂 健氏(オフィス アト・ランダム)
●加藤敬三 助手 しまかた さちこ氏
●(株)オータパブリケイションズ 経営調査室室長・専務取締役 村上 実
● 週刊ホテルレストラン 副編集長 森下 智美

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE