ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特集  2017年全国60都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室3指標
特集 

2017年全国60都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室3指標

【週刊ホテルレストラン2018年04月27日号】
2018年04月27日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌が全国のホテルを対象に独自で調査を行ない、集計したものを毎月掲載している「稼働率調査」。今号では、2017 年の年間確定稼働率を234 ホテルの協力のもと改めて調査をし、集計した結果をまとめたものである。
また、稼働率を含め客室3 指標であるADR やRevPAR の対前年月推移も掲載している。なお、本特集では今回より横浜五日会、大阪タウンホテル協議会、岐阜ホテル会、東京ホテル会、名古屋ホテルズ会より協力をいただき、各ホテル会のインタビューコーナーを設けている。各エリアの特徴や稼働の近況を盛り込んでおり、ぜひこちらもご覧いただきたい。
 
----
本記事は特集の紹介記事です。
HOTERES 2018年4月27日号はこちらでお買い求めいただけます。

https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
 
----
 
CONTENTS
▪総論
▪地域別客室・定員(ベッド)稼働率
▪全国60都市の客室稼働率
▪全国60都市の定員(ベッド)稼働率
▪地域別客室・定員(ベッド)稼働率対前年比増減ポイント
▪全国客室3指標対前年月比
▪インタビュー・各エリアホテル協会
横浜五日会
大阪タウンホテル協議会
岐阜ホテル会
東京ホテル会
名古屋ホテルズ会

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE