ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 佐々木 正二  わが身を救う「人づくり」 第三十五話  きれいは手づくり トップは人づくり 第三弾 あなたの近くに「えらい人」見えますか
第三十五話 佐々木 正二  わが身を救う「人づくり」

第三十五話  きれいは手づくり トップは人づくり 第三弾 あなたの近くに「えらい人」見えますか

【週刊ホテルレストラン2018年04月20日号】
2018年04月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社AKiBA ミックス
クリエイト ソリューション
代表取締役 佐々木 正二

 
 政府が掲げる「同一労働同一賃金」はどこまで進化するでしょうか。同一労働同一賃金で不服を訴える人、あるいは言葉の通り労働と賃金が平等となり満足を得る人、さまざまなのでしょう。国際労働機関では、ILO 憲章のなかで基本的人権とされていますし、世界人権宣言の第23 条においては「すべての人は、いかなる差別をも受けることなく、同等の労働に対し、同等の報酬を受ける権利を有する」とあります。国際人権法や国際規約等においても同じ見解を示しています。いずれにしましても労働の中で、賃金のためだけに働く人と、労働の楽しさや生きがい、仲間づくり、そして自ら成長するためなど、二分化するのではないかと思います。日本あるいは各国が政策に乗り出していますが、同等と見るにはかなり骨の折れる目標ではないかと予想します。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年05月18日号
2018年05月18日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
東急ホテルズ 代表取締役社長 小林 昭人 氏 同執行役員事業企…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE