ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ジョーンズ ラング ラサール(株)  JLLホテルズ&ホスピタリティグループ アジアにおける新CEOを任命 東京オフィスは人員を拡充、サービス体制を強化
ジョーンズ ラング ラサール(株) 

JLLホテルズ&ホスピタリティグループ アジアにおける新CEOを任命 東京オフィスは人員を拡充、サービス体制を強化

2018年03月26日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 総合不動産サービス大手のJLLは、アジアにおけるホテルズ&ホスピタリティグループ新CEOにマイク・バチェラー氏を任命した。また、同グループ東京オフィスにおいても人員拡充を図り、サービス体制を強化するとしている。
 
 バチェラー氏は1995年、オーストラリアのJLLに入社。約25年に渡りホテルズ&ホスピタリティビジネスに携わってきた。直近では、アジアにおけるホテル仲介部門を統括し、インターコンチネンタル 香港(InterContinental Hotel Hong Kong)、クラウンプラザ チャンギ エアポート シンガポール(Crowne Plaza Changi Airport Singapore)、ラグーナ ビーチ リゾート プーケット(Laguna Beach Resort Phuket)、などのアジアの代表的な売買取引も担当した。今後は、JLLホテルズ&ホスピタリティグループのアジアにおける新CEOとして、同地域のビジネスを統括していく。なお、前CEOスコット・ヘザリントン氏はアジアにおけるホテルズ&ホスピタリティグループのチェアマンに就任している。
 
 これと平行し、ホテルズ&ホスピタリティグループ東京オフィスでは、国内外投資家によるホテル投資への需要の高まりに対応し、今年に入り5名のスタッフを新たに迎えサービス体制強化を図っている。なかでも、シニアヴァイスプレジデントとして、三井住友信託銀行にてホテル日航東京、ザ・ウィンザーホテル洞爺などの大型取引を成約させてきた住吉敬が参加したほか、JLLにて研鑽後ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ、いちご投資顧問で要職を担った中村健太郎が6年振りにJLLに復帰した。加えて、シンガポールオフィスにて日本ホテル不動産のアジア投資家宛販売を担当してきた村井 淳 氏は、今後グローバルホテルデスク担当者として日本投資家のアウトバウンド投資支援も行なうとしている。計15名の国内最大規模のホテル資産専門チームにより、さらに充実したサービスを提供していく。
 
 JLL取締役 執行役員 ホテルズ&ホスピタリティ事業部長 沢柳 知彦 氏は次のように述べている。
「昨年はホテル売買取引件数が減少しましたが、マーケット価格で売却してもよいと考える売主が減ったためであり、国内外投資家によるホテル投資意欲は依然として強い状況です。今回の人員拡充においてはジュニアスタッフながら韓国語および中国語のネイティブスピーカーも雇用しており、今後活発化が期待されるクロスボーダー取引への体制も万全にしています」
 
JLL
http://www.jll.com
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年07月13日号
2018年07月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析
【トップインタビュー】
㈱からくさホテルズ 代表取締役社長 佐藤 亮祐 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE