ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 日本フードサービス協会  2018年1月の外食産業市場動向  年始需要が好調、売上は前年を上回る
日本フードサービス協会 

2018年1月の外食産業市場動向  年始需要が好調、売上は前年を上回る

【週刊ホテルレストラン2018年03月23日号】
2018年03月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 1 月は、正月三が日や成人の日など年始需要がおおむね好調。下旬の関東地方を中心とした大雪や強い寒気が客足に影響を与えたが、FF が洋風・和風を中心に好調を維持したことに加え、FR でも引き続き客単価が上昇していることから、全体売上は103.1% と17 カ月連続して前年を上回った。
 
 業態別では、ファーストフード(FF)業態の全体売上は105.4% と前年を上回った。「洋風」は、引き続き期間限定商品やリニューアル商品が好調で、売上は107.1%。「麺類」は、店舗増とトッピングの値上げなどで、売上は103.1%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、降雪が客数と物流に影響し、売上99.2%。「その他」は、「カレー」が商品価格の順次改定により引き続き客単価上昇、売上103.0%となった。
 
 ファミリーレストラン業態は、全体売上は100.8% で前年を上回った。業種別では、「洋風」は、高単価メニューが堅調で客単価は上昇しているものの、雪の影響に加え、元日休業など営業時間の短縮もあり客数が伸びず、売上99.8%。「和風」は、年始の正月需要で客単価が上がったものの、雪の影響でシニアなどの顧客が減少し、売上97.8%。「中華」は、店舗増や割引キャンペーンなどの集客効果で客数増、売上102.5%。「焼き肉」は引き続き好調で、売上108.3% と14カ月連続して前年を上回った。
 
 パブ・居酒屋業態は、飲酒業態は年始需要は好調だったものの、下旬の大雪と気温の低下などが客足に影響し、全体売上は96.4%と前年を下回った。「パブ・ビアホール」は、大規模な年始のセールで客数増となったものの、セール割引で客単価が下がり、売上は97.7%。「居酒屋」は、店舗減少と雪の影響で、売上は96.1%と前年を下回った。
 
 ディナーレストラン業態は、雪の影響はあったものの年始需要が好調なところが多く、売上103.5%となった。
 
 喫茶業態はホットフードや菓子メーカーとコラボしたホットドリンクが好調で客単価上昇、売上は101.1%となった。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月07日号
2018年12月07日号
本体1,950円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー 】
ヒューリックホテルマネジメント㈱ 取締役総支配人 兼 総料理…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE