ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伝統は“守る”のではなく“創る”もの  第十三回  スマイル ブリュー カンパニー 代表/日本酒スタイリスト 島田律子氏 ㈱コーポ 幸 代表取締役 平出淑恵氏  歴史ある日本の蔵元は存在自体がソフトパワーの最強コンテンツ
第十三回 伝統は“守る”のではなく“創る”もの  第十三回  スマイル ブリュー カンパニー 代表/日本酒スタイリスト 島田律子氏 ㈱コーポ 幸 代表取締役 平出淑恵氏 

歴史ある日本の蔵元は存在自体がソフトパワーの最強コンテンツ

【週刊ホテルレストラン2018年03月23日号】
2018年03月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒造組合中央会認証「日本酒スタイリスト」として精力的に活動を続けるタレントの島田律子氏が、日本の伝統文化、日本酒の魅力を深く伝えることで、海外からのお客さまをおもてなしするホテル、レストランの力を向上させるためのヒントをお届けしていく本連載。今回は日本酒、ワインの世界で多彩な活動を続けている株式会社コーポ 幸 代表取締役の平出淑恵氏が登場。JAL のCA 時代にソムリエの資格を取得。ワインを通じて知り合った多くの人々と国や人種を超えてワインの素晴らしさを共感する経験を重ねてきた平出氏。京都の蔵で「この利き猪口には日本が詰まっている。日本酒は日本そのものだ」と直感的にひらめいて以来、日本酒を通じて共感の輪を世界に広げることを目的に活動を続けるその思いとは? オータパブリケイションズ代表取締役の太田進を交えた鼎談の第2回をお伝えする。

島田 律子(しまだ・りつこ)
スマイル ブリュー カンパニー代表・タレント・日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証)。日本酒関連の講演・イベントの司会や出演など年間50 本以上をこなす。TVや雑誌などのメディア出演・コラムの執筆も多く、イベント、飲食店、百貨店、酒器のプロデュースやコーディネートなど、日本酒の魅力を伝える活動は国内外を問わず多岐にわたる。近年、女性ならではの視点から、日本酒の美容・健康効果に着目。日本酒の美肌・美白・アンチエイジング効果を取り入れたライフスタイルを提案し、自らもその生活を実践する。2016 年にはSMILE BREW COMPANY を立ち上げ、「日本の美を日本酒で」をテーマに『オトナの日本酒TASHINAMI 塾』を主催する。
HP:http://www.smile-brew.com/

平出淑恵(ひらいで・としえ)
1983 年日本航空入社。国際線担当客室乗務員として勤務。ソムリエ取得後、空飛ぶソムリエとして会社関係のワインセミナー講師多数。JAL ソムリエクラブ「ルシエール」幹事、JAL 管理職の会(鵬友会)のワイン、日本酒の会の企画担当を務める。99 年JAL・WSET ワイン学校立ち上げスタッフ。2003 年WSET ロンドン本校にて日本酒講座をサポート。06 年若手蔵元の全国組織、日本酒造青年協議会の酒サムライ活動を社外活動としてサポート。07 年「インターナショナル・ワイン・チャレンジIWC2007」の本格的な日本酒部門開設を全面サポート。10 年日本航空を希望退職。11 年、日本酒の国際化から観光立国を目指す「株式会社コーポ・サチ」代表取締役に就任。同年、外務省 在外公館長赴任前研修日本酒講座コーディネーター。17 年昇龍道大使(中部9県のインバウンド推進アンバサダー)に就任。キャプラン㈱(WSET Sake コース)アドバイザーに就任。

 
取り組むべきはエデュケーション
コンペティション、プロモーション
 
島田 
この10 年間で日本酒の環境がプラスの方向へと大きく変化したのも、平出さんの活動の功績が大きかったのだと感じます。
 
平出 私一人では何も出来ません。多くの方々との巡り合わせがあり、皆さまが助けてくださったおかげです。
 
 ワインの世界啓蒙の3活動「エデュケーション」「コンペティション」「プロモーション」を日本酒でも行わないと日本酒は世界の酒になれないと考えました。
 
 2003 年にロンドンに行ってダブルセットに日本酒のエデュケーションを働きかけ、そこからIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のコンペティションにつながっていって、残るはプロモーションという段階まで来ました。ただ、海外プロモーションを定期的に行なうには多くの蔵元の規模がまだ小さいという悩みがありました。その意味では2012 年、政府が「国酒プロジェクト」をスタートして国が日本酒振興に乗り出したのは大変ラッキーだったと思います。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE