ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場  連載85  社長! 信念と覚悟を持って行動していますか?
連載85 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 

連載85  社長! 信念と覚悟を持って行動していますか?

【週刊ホテルレストラン2018年03月09日号】
2018年03月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日本のプロ野球界において悲しいお知らせがありました。元中日監督の星野仙一さんが逝去されたことです。追悼番組を拝見して感じたことは、ご本人の野球への深い愛と、監督としての勝利と選手育成への並々ならぬ情熱は、野球に対する『信念と覚悟』によりもたらされたのだということでした。今回は私たち経営者にとっての『信念と覚悟』について考えてみたいと思います。

㈱スプリングフィールド 代表取締役 桃井文子
㈱スプリングフィールド 代表取締役 桃井文子

㈱スプリングフィールド
代表取締役 桃井文子

〈プロフィール〉岡山市の老舗旅館、岡山石山花壇(現在のザ マグリット)の宴会営業スタッフとして入社。その後、婚礼部門を強化するプロジェクトを成功させ、年間2 組から339組までを達成したのは業界でも有名。同社にてウェディング・プランナー、マネージャー、支配人、営業企画室長、役員として活躍。また、関連会社 グレート:プランニングにてコンサルタントとして、12 年間、全国の数々のホテル、結婚式場の再生、婚礼強化に携わる。プランナー教育、マネージャー教育、経営者の良きアドバイザーとして定評がある。平成23 年、スプリングフィールドを設立。経営コンサルタント、衣裳・美容の内製化支援、式場のプロデュースを中心に現在活動中。2013 年5 月には、ニューヨーク支社を設立し、現地でもパーティーやイベントを手掛け、日本のウエディング、パーティーを広める活動もしている。

 
 この世には努力をされる経営者の方は数えきれないほど大勢いらっしゃいます。ただ、そうした中でも『信念と覚悟』を持ち、他人のために貢献し、周囲を魅了し、巻き込んで大きな挑戦をできる人はわずかです。自分のためだけに向けた努力を超越し、周囲を巻き込み組織と人の心を動かせる人はそう多くはおりません。人は単なる指示や命令では動きません。人の心を動かす経営者に共通することは、目標に対する『信念と覚悟』を持っていることだと思うのです。
 
 皆さんは今、絶対に譲れぬ目標や、あるべき姿を持っていますか? 営業部門であれば必達の売り上げ予算があるでしょう。サービスであればスタッフ全員のスムーズなサービスオペレーションの実行があるでしょう。今、皆さんに絶対に譲れぬ具体的な目標を掲げ、それを厳しく求めていますか? 求めるだけの行動していますか?惰性で日々を送り、信念とは程遠い自分がいませんか? 改めてご自身における『信念』を確認してみましょう。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月14日号
2018年09月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE