ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! カスタマーニーズを先取りし、ホテルの強みをフルに活かしてお客様の心をつかむ! 第33 回  20 歳代~ 30 歳代の地元層へのブランディング
第33 回 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! カスタマーニーズを先取りし、ホテルの強みをフルに活かしてお客様の心をつかむ!

第33 回  20 歳代~ 30 歳代の地元層へのブランディング

【週刊ホテルレストラン2018年02月23日号】
2018年02月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 淳氏
クラリス ウエディング ブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長

〈プロフィール〉1997 年より㈱リクルートのゼクシィ事業部に8 年間在籍。ゼクシィ「茨城・栃木・群馬版」の立ち上げ責任者を経て、ホテルウェディンググループゼネラルマネージャーに就任。2005年退職し、「クラリスウェディングプランナースクール」を創設、第一線で活躍できるウエディングプランナーの育成に携わる。07 年に㈱リクルートと共同で現役プランナー向け研修を生み出し、ウエディングの打ち合わせオペレーションの改革を提唱する「明日からウエディング」を考案。さらにプランナーだけにとどまらず、ウエディング業界全体の活性化のためジュエリー業界のスタッフや現場キャプテンのトレーニングにも力を注いでいる。

 お隣の国韓国では冬季オリンピックが開幕です。このコラムが皆様に届いたころにはすでに閉会式を終え、さまざまなドラマが生まれきっと余韻に浸っていることでしょう。金銀銅の各メダルを獲得できるのは各種目世界でたった一人。ただ一つ言えることは、この一瞬のために頑張ってきたという事実は後の人生のためには最高の財産になることはまちがいないでしょう。
 
 受験真っただ中の受験生でも言えることだと思います。特別な資格にチャレンジすることがなければ、おそらく人生の中で一番机に向かって勉強をするときかもしれません。何のために勉強するのか、志望校に合格しなければこの時間はむだになるのではないかなど不安との闘いでもあると思いますが、一番大切なことはこの時期に自分のことを誇れるほど頑張れたかだと思います。この経験はきっと社会に出てから本当に生きてくるでしょう。皆様のお仕事でも大変なことも多いと思いますが、やるからにはプロセスを楽しむくらいの気持ちで頑張りたいですね。ぜひ「ポジティブ思考」でいきましょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月22日号
2018年06月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション愛知 内に秘めたポテンシャルがいよいよ花…
【トップインタビュー】
レッド・プラネット・ジャパン 代表取締役社長 ティム・ハン…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE