ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • handyが自治体と初コラボレーション、神奈川県と連携し5カ所の観光案内所から無料レンタル開始
handy Japan株式会社 × 神奈川県

神奈川県5カ所の観光案内所でhandy無料レンタル開始

2018年01月30日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 無料レンタルスマートフォン「handy」を展開するhandy Japan株式会社は、2018年2月中旬から3月末まで、神奈川県と連携し、神奈川県内の5つの観光案内所にてhandyの無料レンタルを開始する。
 handyは「国際・国内電話が無制限で無料」「4Gのインターネットが無制限で無料」「最新のトラベルガイド」「15カ国語対応」の特徴を備えており、2017年7月にサービスを開始してより、既に国内ホテルの約23万の客室と契約が結ばれている。
 今回の神奈川県との連携は、自治体との初のコラボレーションとして展開され、「横浜駅観光案内所」「桜木町駅観光案内所」「新横浜駅観光案内所」「鎌倉市観光案内所」「箱根町総合観光案内所」にて各60台ずつの全300台のhandyが収められ、各案内所では1日10台ずつ、1人当たり最長3日間をめどに貸し出される。
 神奈川県にとって観光案内所で訪日外国人にhandyを貸し出すことで、快適な通信環境および多言語ガイドとして県内観光スポットのPRにつなげる「観光プロモーション」、外国人の人気スポットや周遊性を把握するための「観光ビッグデータ分析」、地震などの際に緊急告知をする「災害対策」などにつなげる姿勢である。
 なお、神奈川県はhandy使用期間中の実証実験の結果を踏まえて、4月以降の継続実施を検討する予定である。

 

記者会見光景、左から鎌倉市観光協会 専務理事の中山 一彦氏、handy Japan株式会社 代表取締役社長の勝瀬 博則氏、神奈川県知事の黒岩 祐治氏、横浜観光コンベンション・ビューロー 常務理事・事務局長の日詰 雄治氏、箱根町観光協会 専務理事の高橋 始氏
記者会見光景、左から鎌倉市観光協会 専務理事の中山 一彦氏、handy Japan株式会社 代表取締役社長の勝瀬 博則氏、神奈川県知事の黒岩 祐治氏、横浜観光コンベンション・ビューロー 常務理事・事務局長の日詰 雄治氏、箱根町観光協会 専務理事の高橋 始氏

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月13日号
2018年04月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析<北海道編>
【トップインタビュー】
㈱クラブメッド 代表取締役社長 スチュワート ド ブルゴーニュ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE