ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)  ロワジールホテル 那覇イースト館に沖縄の海や砂浜を感じさせる新客室が誕生! 同ホテル初となるメゾネットタイプの客室は2018年1月1日より販売開始
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株) 

ロワジールホテル 那覇イースト館に沖縄の海や砂浜を感じさせる新客室が誕生! 同ホテル初となるメゾネットタイプの客室は2018年1月1日より販売開始

2018年01月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 8室の新客室は、同ホテルでは初となるメゾネットタイプで4名まで泊まれ、グループやファミリーの旅行に最適としている。高い天井が開放的かつ非日常的な空間を演出。また、白やラスティック調の白木を組み合わせることで沖縄の海や砂浜を思わせ落ち着いた客室となる。バスルームは洗い場付きの独立タイプを用意。大開口の窓を設け、外光を最大限に取り入れ室内を明るく演出し、快適かつ沖縄の海や街を堪能できる。
 
 「ロワジール(loisir)」は「余暇」や「leisure(レジャー)」を意味している。同ホテルは、「那覇のファミリーリゾート」として、開業以来「リゾート感」や「リラックスできる空間づくり」を重要視している。沖縄の玄関口である那覇は、「旅のはじまり」であり、「旅の終わり」の場でもあるとして、新客室は、これから始まる沖縄の旅を想起させると共に、いままで楽しかった沖縄の旅の余韻に心地よく浸ることができ、沖縄らしさを感じさせる、魅力ある空間を実現したとしている。
 
 沖縄県庁が昨年12月に発表した入域観光客数概況(出典元:沖縄県庁公式ウェブサイト、「平成29年(2017年)11月入域観光客数概況」)によると、沖縄県への入域観光客数は平成26年より、国内客、外国客ともに過去最高を更新し、今後も好調に推移する見込みであるとのことから、同ホテルでも多様化する幅広いニーズに応えられるよう、メゾネットタイプを新設したもの。

《新客室概要》
■スーペリア メゾネット
沖縄の太陽を感じさせる大きな窓が特徴。ツインベッドに加えて、メゾネットにも大きなベッドマットをご用意しました。グループやファミリーの旅行におすすめのお部屋です。
広さ 23㎡+7㎡(ロフト部分)
天井高 2.7メートル
部屋数 8室(3階)
定員 4名
販売 2018年1月1日~ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトhttp://www.loisir-naha.com/
 
 
ロワジールホテル 那覇
那覇空港から車で約7分の立地と天然温泉を有するシティリゾートホテル。ロワジールホテル 那覇(本館、イースト館)と、ロワジール スパタワー 那覇(別館)から成る。2014年に本館を全室改装し、2015年7月にはサンセットテラス パピヨンがリニューアルオープン。2016年7月には、最上階の一部を改装し新客室をオープン。全622室。
 
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月15日号
2018年06月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】朝食で選ばれるホテルになる
【トップインタビュー】
カトープレジャーグループ 代表取締役 兼 CEO 加藤 友康 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE