ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕「世界のリーディングホテル」VOL157 バカラ ホテル & レジデンス ニューヨーク
VOL157 小原康裕「世界のリーディングホテル」

VOL157 バカラ ホテル & レジデンス ニューヨーク

【週刊ホテルレストラン2017年12月22日号】
2017年12月22日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドサロン「The Grand Salon」の案内嬢。
グランドサロン「The Grand Salon」の案内嬢。

ホテルの中心的役割を担うグランドサロン「The Grand Salon」。
ホテルの中心的役割を担うグランドサロン「The Grand Salon」。

バカラ社はルイ15世の認可を受けて、1764年にフランス東部のロレーヌ地方のバカラ村に生まれた。
バカラ社はルイ15世の認可を受けて、1764年にフランス東部のロレーヌ地方のバカラ村に生まれた。

グランドサロンからプチサロンを望む。全客室、パブリックスペースにバカラ製クリスタルを提供している。
グランドサロンからプチサロンを望む。全客室、パブリックスペースにバカラ製クリスタルを提供している。

クリスタルガラスでその名を知られるバカラ。ルイ15世の認可を受けて、1764年にフランス東部のロレーヌ地方のバカラ村に生まれた。そのクリスタル工房は早くから高品質が認められ、1909年に日本の皇室からもオーダーを受けたという記録がある。バカラホテルの正面エントランスとは別に、左側にレジデンス用のエントランスも設けている。黒服のドアマンに重厚な扉を開けてもらうと、薄暗いエレベーターホールに煌びやかなバカラのクリスタルが現れる。エレベーターを2階で降りると、左がホテルのフロントデスクとプチサロン「The Petit salon」、中央にグランドサロン「The Grand Salon」 があり、その奥にザ・バー「The Bar」を配置している。どのサロンも華麗なバカラ製のシャンデリアが厳然と輝き、フロアには多種多様なバカラ社製のコレクションが飾られている。

ホテルの中心となるサロンで、ブレックファストやアフタヌーンティーもここで楽しめる。
ホテルの中心となるサロンで、ブレックファストやアフタヌーンティーもここで楽しめる。

かまぼこ型の天井から4基のゴージャスなシャンデリアが吊り下げられたメインバー「The Bar」。
かまぼこ型の天井から4基のゴージャスなシャンデリアが吊り下げられたメインバー「The Bar」。

アメリカとヨーロッパの雰囲気、過去と現在を融合した眩いばかりの空間が出現する。
アメリカとヨーロッパの雰囲気、過去と現在を融合した眩いばかりの空間が出現する。

長さ18メートルのバーカウンター側から見た「The Bar」。どこかパリのビストロの雰囲気が漂う。
長さ18メートルのバーカウンター側から見た「The Bar」。どこかパリのビストロの雰囲気が漂う。

バカラのバーは、さらにニューヨーク近代美術館“MoMA”を望む屋外テラスを備えている。
バカラのバーは、さらにニューヨーク近代美術館“MoMA”を望む屋外テラスを備えている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年01月19日号
2018年01月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析<沖縄編>
【トップインタビュー】
日本ビューホテル(株) 代表取締役社長 遠藤 由明 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE